タッチパッド上のデータ

​低コスト集客を勧めない理由

コストを下げた集客は成功しません

賃貸物件の空室を埋める時に、真っ先に思い浮かぶことといえば、費用対効果。

入居期間が長い部屋が退去になった場合、当然ながら内装などは劣化してくるので、交換をした方が室内印象が良くなることは、誰の目から見てもわかりますが、家賃相場が下落していること、たとえリフォームをしたとしても、設定家賃が相場より高ければ、成約までに時間がかかることは明白。

​そこで、近年の空室対策では「最小限のリフォーム」+「ホームステージング」を行い、相場並みに家賃設定を行っている物件が多くなってきています。確かに低予算リフォームを行い、しっかりとステージングされている部屋を募集すれば、集客がしやすくなるのは、わかりきっていることではありますが、ただもしエリア内の競合他社が「同じような空室対策」を行っていれば、当然ながら家賃勝負=価格競争に巻き込まれてしまいます。

イノベーションのジレンマに陥る可能性

賃貸物件における空室対策というと、どの専門家の方も「最小限のリフォーム」「ホームステージング」「適正家賃に家賃を合わせる」といったアドバイスをされています。また実際に、専門家の意見を聞いてオーナーさんが実践したところ、成功されたという事例が多くなってきていることから、現在の空室対策の基本としては、上記3点が有効的と言われています。

空室対策は、お部屋探しをされているお客様などの要望を取入れながら、改善していっていますが、ただ今までのやり方とは「一線を画した」空室対策が生まれてきた場合、これは破壊的なイノベーションとなります。

​弊社が提案させていただく空室対策は、今までのような空室対策とは「全く異なったアプローチ」となり、脱・賃貸サイト集客を目指すもの。しかも家賃相場を無視した集客で成功を収めることから、今までの空室対策を全否定させることになります。マーケティング用語で、この様な現象を「イノベーションのジレンマ」と言います。

イノベーションのジレンマを起こし、賃貸集客の新たな方法を確立します

現在の空室対策は、今後価格競争の温床に

1集客.jpg

​現在の空室対策で、「賃貸サイトで募集」を行う際に、広告料を2~3か月つけることが重要であると言われています。確かに実際にお客様を紹介するのは、仲介会社の担当者であることから、広告料というエサを沢山つけておけば、必然的に複数の仲介会社がオーナー様の物件を紹介し始めます。リフォーム費用を抑え、早期に客付けができれば、広告料が少々高くても、すぐに回収することが可能となります。

ただ、賃貸物件の供給数は「多すぎてしまっている」ので、しっかりとしたリフォームをしていなければ、当然クレームが発生しやすくなり、長期入居は難しくなってしまいます。さらに入居後の管理体制が悪いと、そのことが口コミやSNSなどで拡散してしまうので、長い目で見ると「コストをかけないリフォームや集客」は、結果的にマイナスになってしまいます。

弊社集客は、部屋の価値を高めています

​築年数が経過すれば、当然相場が下落していきます。相場並みに家賃設定をしていけば、アパートローンの支払い自体がきつくなってしまうので、家賃値下げ集客は経営を悪化させるだけです。

​弊社集客は、築年数が経過している物件であっても、資産価値が落ちにくいリノベーションを展開することによって、家賃相場の影響を受けにくくさせています。また弊社では、TwitterやInstagramといったSNS集客にも力を入れています。SNSはお部屋探しをされている方が多い10代後半~40代にとっては、日常的に活用しているケースが多いことから、ハッシュタグをつけた物件情報やキャンペーン情報を投稿することによって、ハッシュタグ検索をされた方に「ダイレクト」に情報が届く点は、賃貸サイト以上に訴求効果は期待できます。

差別化リノベ+SNS集客で、若い世代に情報をダイレクトに届けることが可能に