山梨おしゃれ賃貸グレイスロイヤルでインテリアを楽しむ。


賃貸物件は室内空間は限られてしまうこともあるので、おしゃれな部屋にしようと思っても、なかなか自分が思うような部屋にすることは難しいかもしれません。


おしゃれな部屋できない理由としては、お部屋の内装に問題があります。

賃貸でおしゃれな部屋にできない理由としては、アクセントクロスに問題があります

賃貸物件のお部屋は、基本的に退去後にリフォームやリノベーションを行いますが、室内内装や設備を交換する場合、管理会社の担当者たちが壁紙などを選ぶ以上、管理担当者たちにとってはおしゃれに見えても、実際に生活する方にとっては、その部屋がおしゃれであるかどうかは別問題。


最近の傾向としては、室内内装の1面に「おしゃれな壁紙」(アクセントクロス)を貼ってあることが多くなってきていますが、ただアクセントクロスの色味が強すぎたり、派手すぎたりしてしまうと、見学時はおしゃれな部屋に見えても、入居して慣れてきたころになった時、色が強すぎてしまっていることが逆にマイナスになってしまい、後悔してしまう方も多いです。


またアクセントクロスを使いすぎる(派手な壁紙が多い部屋)と、お手持ちの家具と室内の部屋のバランスが悪くなってしまい、違和感を感じるような部屋になってしまいます。



甲府市大里町にあるグレイスロイヤルにおいては、2018年よ李空き部屋を順次「ナチュラルテイスト」賃貸にリノベーションしていますが、当物件の特徴は「室内に使用している色」を抑えることによって、お手持ちのインテリアであっても、お部屋と合わせやすくしている点です。



室内空間の色を統一させることにより、おしゃれ&すっきりした部屋に見せることができます。
室内空間の色を統一させることにより、おしゃれ&すっきりした部屋に見せることができます。

例えば当物件においては、リノベーション工事が完了後、LDK内にダイニングテーブルやいすなどを置いて、入居後のイメージをしやすくする「ホームステージング」を実施していますが、実はダイニングテーブルとイスはIKEAで購入・組み立てしたもの。


キッチン扉はパイン材を使用しているので、ダイニングテーブルとイスは、キッチン扉に合わせるようにパイン材を使用したものを設置していますが、色などを合わせることによって、派手さはないものの、室内空間が引き締まり、また余計なものがないので空間がごちゃごちゃしていない部分が、生活感を感じさせていないですよね。



山梨おしゃれ賃貸・グレイスロイヤルのリノベーション部屋にご入居されているお客様の部屋

こちらは実際に当物件のリノベーション部屋にご入居されているお客様のお部屋。

食器棚や冷蔵庫が壁と同じ「白色」のものとなっているので、室内空間が統一されていて、グリーンのカーテンがアクセントとなっていて、とってもおしゃれになっています。


食器棚と冷蔵庫は、以前使用していたものをそのまま利用しているとのことですが、グレイスロイヤルのナチュラルテイスト部屋においては、お手持ちの家具をそのまま使用しても、室内空間に違和感を感じさせるようなことにはなりにくいので、おしゃれな部屋が苦手な方でも、これなら安心してインテリアを楽しむことができます。




賃貸物件は、室内空間が限られているので、ダイニングテーブルやソファーなど置いてしまうと、圧迫感を感じてしまう方もいますが、もし室内を広々使いたい方は、ダイニングテーブルを置かないことにより、意外かもしれませんが室内がより広く見えます。




おしゃれな部屋にすることは、簡単そうに見えて意外に難しく、特にアクセントクロスがある部屋では、家具と部屋との相性が合わなければ、最悪家具を購入しなければならなくなりますが、グレイスロイヤルのリノベーション部屋ならば、誰でも簡単におしゃれ空間にすることが可能です。



#山梨おしゃれ賃貸 #グレイスロイヤル #リノベーション 

1回の閲覧0件のコメント