お客様が喜ぶ部屋になっていますか?


こんにちは。


賃貸アパートの空き室を埋めるべく、退去後のリフォームやリノベーションは、しっかり行われている物件は殆どであると思われますが、その部屋は確実にお客様から喜ばれる部屋であると確信持てますか?



築年数が経過した物件は、築年数が浅い物件と比べると、どうしても不利になってしまうことから、リフォームなどに力を入れないと、なかなか集客をすることが難しくなります。


特に室内の機能性(断熱性や湿気)などは、築年数が経過した古い物件ほど、不利になりがちなので、その部分をしっかりと対応した部屋でなければ、せっかくリフォームしても家賃を値下げしなければ、契約することができない可能性が出てきます。



ただ、お客様の要望を全てを受け入れるような部屋は、築年数が経過した物件では、実現不可能な場合があるので、リフォームやリノベーションをする際、出来るものとできないものをしっかりを見分けることが大切となります。




築20年を超えた物件になってくると、設備類には不具合はないかもしれませんが、特にデザイン性に関しては明らかに不利になることから、場合によっては交換をする必要性が出てきます。



しかし、ただ単に交換をすればいいのではありません。

お客様のニーズをしっかりと反映させたものでなければなりません。



例えば、てんぷらそばを食べたいのに焼き肉店に行く人は、まずいませんよね。

それと同じで、お客様のニーズに沿った部屋を提供できなければ、ただの自己満足に終わってしまう可能性が高くなります。



ターゲットが今まで悩んでいた賃貸の不満点が、募集している部屋では改善されていた場合、多少家賃が高くなっていたとしても、入居に前向きになってもらえる可能性は高くなります。



弊社所有物件も、相場家賃と比べると明らかに割高ではありますが、ニーズにこたえた部屋を提供することにより、お客様もご納得して頂きご入居して頂いているので、相場家賃の影響は受けていません。



お客様が喜ぶ部屋=ニーズにこたえた部屋ではありますが、ただ全てのニーズを受け入れることは、難しいと思われますので、取捨選択をする必要性があります。



#顧客満足度 #リフォーム #リノベーション