これがなければ空室が埋まらないって本当なの?


賃貸物件の空室を少しでも早く埋めるためには、設備増強は必須です。

近年においては、不動産賃貸サイトで物件検索をされる方が、非常に多くなってきており、また物件検索の前に「希望条件」を入力することができるため、たった一つでも条件に合わない物件は、その時点で成約候補から「除外」されてしまいます。


これがなければ空室が埋まらないって本当なの

大手賃貸業界紙の「全国賃貸住宅新聞」では、毎年「人気設備ランキング」を公表し、また「この設備がなければ(入居が)決まらない」ランキングも公表しています。


その中で、単体/ファミリー物件とも「インターネット無料」は、常に上位にランクインしています。


コロナウイルスが世界的に蔓延し始めてしまい、テレワークが本格化となった今、賃貸におけるインターネット環境はものすごく重要視されています。


つまり、募集している物件において「インターネット無料化」になっていないと、集客自体が難しくなってしまい、また大手賃貸サイト上の検索画面上においても「インターネット無料」の項目があるため、お部屋探しをされている方が「インターネット無料」を希望されてしまうと、無料化になっていない物件は「その時点で成約」にはならないことを意味してしまいます。


インターネット無料は毎月の使用料が無料

インターネット無料化にすることで、確かにネットを無料で使いたいと考えている方にとっては、歓迎すべき物件になることは、間違いありません。


ただその一方で、インターネット無料物件の場合「一つの回線を複数の部屋」で供給していることから、多くの方がいる「夜」の時間帯において、一斉に動画やオンラインゲームなどを視聴してしまうと、一時的ではありますが「速度低下」が発生してしまう恐れがあります。


実際、インターネット無料物件に入居された方が「室内においてテレワーク」を行った際、動画や音声が途切れることもあり、場合によっては業務に支障をきたしてしまう恐れがあり、週刊ビジネスによると、インターネット無料物件に入居され、テレワークをしている方は「業務に支障をきたしてしまうことから、自費でポケットWi-Fi」を設置したとのことです。



インターネット無料物件は通信速度までは保証していません

つまり、インターネットが無料が使えるから入居したのに、いざ入居してみると「回線速度が低下」してしまう頻度が多くなったら「インターネット無料物件に入居するのではなかった」という気持ちになり、場合によっては「裏切られた」と感じてしまいます。



弊社所有物件は、上記の様な理由から「インターネット無料」にはしていません。さらにクロージングにおいて「インターネット無料になっていない」ことで、他の物件に流れてしまうといったことは、殆どというぐらいありません。



インターネット無料物件は一長一短

インターネット無料物件は、確かに今の時代に合っていると言っても過言ではありません。


実際インターネット無料化にすることで、賃貸サイト上における「反響・成約」部分においてはメリットが大きくなるものの、使い勝手の部分において「100%満足できる保証」はないため、もしネット回線が遅くなりやすくなってしまえば、不満が大きくなってしまい、長期入居してもらえない可能性が高くなるので、要注意です。



#インターネット無料

#通信速度

#テレワーク

閲覧数:0回0件のコメント