わずか数日で申込が入ったリノベーション部屋とは?


賃貸物件の空室が長期化している最大の理由は、ズバリ「お客様がその部屋を評価していない」からです。


賃貸物件を探されている方は「おしゃれな部屋」で「快適な生活」をすることを憧れていますので、お客様のニーズに合った部屋になっていれば、家賃が多少高くても入居して頂ける可能性は高くなります。


日本一空室率が悪い「山梨県」において、築28年目の物件を主有している弊社で、今年の8月下旬に1部屋リノベーション部屋を募集したところ、わずか数日でご内見が複数あり、先月末にはご契約が成立致しました。



弊社リノベーション賃貸においては、主に2つのリノベーションを展開しています。

1つは、完全フルリノベーションを行い「室内空間をナチュラルテイスト」にまとめた部屋で、こちらは家賃を今までと比べると10%値上げして募集を行っています。


そしてあと一つは、リノベーション個所を限定的にすることによって、家賃を据え置いた部屋で、ベースとなるのはフルリノベーション部屋となっていることから、セカンドライン的な部屋となっています。


こちらの部屋は基本的に「使える設備や内装はそのまま使う」ことによって、リノベーション費用を抑えていますが、ただ弊社物件は、ファミリータイプ物件でもあるので、特にキッチンは、フルリノベーションを行っています。



キッチンは、他の部屋同様「キッチンリメイク」したおしゃれなナチュラルキッチンですが、今回こちらの部屋には、初めて「IKEA製のキッチンカウンター」を設置しました。


弊社リノベーション部屋においては、今までは無垢材で製作したキッチンカウンターを設置していましたが、コストがかかりすぎてしまうこともあり、これに代替できるようなカウンターがないのか調べた所、たまたまIKEAにおしゃれなキッチンカウンターがあることを知り、試験的に導入した結果、お客様からも高い評価を頂き、すぐの成約を実現しました。



リノベーションと聞くと、費用が高額になってしまうといったイメージが強いのですが、工夫次第で費用を抑えることができ、また機能性においてもIKEA製であることから、快適に利用することができるので、空室対策として活用する分としては、費用対効果は期待できると思われます。


0回の閲覧0件のコメント