ガス会社交代の場合、ブローカー営業(大手ガス会社の代理店)には要注意。


こんにちは。


不動産賃貸物件は、お客様がご入居されなければ、経営が成り立ちません。

ですので、最近ではお客様にできる限りサービスを重視している物件が多くなってきました。

賃貸物件のガスに関しては、設置コストがかかりにくい「プロパンガス」を導入している物件が多いと思われます。プロパンガスは都市ガスと比べると、熱量が多いことから、ガス単価は都市ガスと比べると「高め」となっていて、またガス料金は「自由価格」になっていることから、物件によってガス単価はまちまち。



そこで、お客様サービスを重視しようと考えているオーナー様の一部は、ガス料金をもっと引き下げることができないのかと、思っている方も多いと思われますが、最近首都圏方面から「ガス会社のブローカー」と思われる営業担当者が、登記簿を調べて、突然オーナー様のご自宅に訪問し「ガス会社を交換しませんか?」と突撃営業をしてくるところがあります。



実際、当方もこのブローカーと呼ばれる営業担当者が、突然自宅に訪問してきて、ガス交換をしませんか?と営業をしてきました。


その時一番驚いたのは、現在使用しているガス会社名を言い出してきて、そのガス会社より安い単価でガスを供給することができ、エアコンや給湯機に関しては、無償対応をするといった、オーナー側にとってはものすごくメリットが大きいことを矢継ぎ早に、次々に提案してきました。





ただ、このような営業は、すでに他社ガス会社でも同じようなことはしていて、実は現在使用しているガス会社でも、それに近いようなことはしてくれるので、これは明らかな詐欺的営業と判断して、すぐに追い返しました。



ここで問題となるのは、管理会社に管理を委託しているのにもかかわらず、管理会社に事前連絡もなく、アポなしで訪問してきたこと、また現在使用しているガス会社の情報に関しては、当然ながら登記簿などには記載されてはいないので、直接物件敷地内にあるガスタンクを見なければわからないことですが、たとえ営業であったとしても、オーナーの許可なく勝手に敷地内に侵入することは、不法侵入に該当する場合が非常に高くなります。




実際、このブローカーの口車にのせられてしまい、ガス会社を交代した物件では、トラブル(契約前の約束とは全く異なることをしている)が頻繁に発生し、管理会社も困っているとの事。またこのようなブローカーを使用しているガス会社は、最初はガス単価を低くしているものの、一定期間を過ぎた段階で、ガス単価を上げることをしているので、ご入居者様からクレームが発生してしまう恐れがあり、最悪退去につながってしまう恐れもあります。



プロパンガスガス会社は、価格競争の波に飲み込まれていて、経営状況は決していいとは言えないことから、ガス使用量が多い賃貸アパートは、利益が最も出やすいので、ガス会社の営業も頻繁にオーナー様のご自宅に伺う場合がありますが、ガス会社の評判に関しては、実は管理会社でもある程度把握しているので、もし気になるようなことがあれば、管理会社に相談されてみた方がいいのかもしれませんね。




#ガス会社交換 #ブローカー



2回の閲覧