ガス料金を簡単に値下げできる方法とは?


こんにちは。


山梨県を含む地方都市における賃貸市場は、物件供給数がものすごく多いことから、集客を強化しても、中々部屋が埋まらないケースが多いです。


恐らく、賃貸の空き室率は年々上昇傾向を辿っていき、何も手を施さない物件や管理会社は次第に淘汰されていくものと思われますが、生き残りを図るためには、退去率をできる限り抑えることも、重要なことであると思います。




ところで、賃貸物件に備えづけられているガスは、一部を除きプロパンガスを設置されている所の方が多いと思われます。プロパンガスは都市ガスと比べて低コストで設置をすることができることが背景に挙げられますが、実はプロパンガスは自由価格となっていることから、賃貸物件/エリアによってガス料金はまちまちとなっています。



ガス料金が安い所と高い所の差(従量単価)は、およそ2倍ぐらい。

これから寒くなっていくと、お風呂の温度(追い炊き)をどうしても高くしないと、体が温まりませんが、お湯の温度を高くすることは、必然的にガスの消費量も上がることにつながりますので、冬は夏と比べてガス消費量がグーンと上がる傾向となります。


ですので、賃貸にご入居されているお客様の立場としたら、ガス料金はできる限り単価を安くしてほしいと考えていると思いますが、ただ賃貸物件を所有しているオーナー様は、管理を管理会社に委託しているので、お客様の要望があっても、担当者から連絡がない限りは、特段対応などはしないですよね。



しかし、お客様の声に対して、真剣に対応することは、顧客満足度を高くしてくれることにつながりますので、退去防止にもつながっていきます。




もし、現在使用しているガス料金が、相場より高い場合には、ガスを供給しているガス会社に「ガス単価を値下げ」するように交渉されてみてはいかがですか?


ガス会社にとって、賃貸アパートは大口の取引先のひとつ。

正当な理由でガス値下げ交渉をしているのに、それに応じることができないと言ってきた場合、伝家の宝刀「ガス会社の交代」をすれば、簡単にガス単価を下げることができます。


但しこれでは、最低でも相場並みの従量単価しか値下げをすることができないのですが、あることをガス会社にお願いをすれば、さらに従量単価を値下げすることが可能となります。


ちなみに弊社所有物件ではこの方法で、地域最安値と言ってもいいほどガス従量単価が安くなり、値下げをする前と比べると、年間で5000円は節約することが可能となりました。



ある方法とは…ここから先は有償コンサルティングをお申込みをされた方のみにお伝えさせていただきます。ご了承ください。



#ガス単価 #プロパンガス