コロナ禍で分かった。家賃値下げ集客の限界とは?


こんにちは。


今年発生した新型コロナウイルスにおいて、休業や失業を余儀なくされた方を中心に、一時期家賃の支払いが厳しいと、管理会社に相談された方が、非常に多くいました。

特に築年数がある程度経過した古い物件においては、お客様からの相談件数が多く、管理会社においても「緊急事態」ということもあり「緊急小口資金」等といった公的貸付のご紹介や、一部の物件においては、オーナー様にお願いをして家賃減額をお願いした所も多かったと、管理会社の担当者が話していました。



一般的に、築年数が経過した古い物件(リノベーションなどはしない物件)においては、資産価値が低下していることもあり、家賃を値下げをしなければ集客することができないと言われています。


家賃が値下げになれば、入居希望者が増えることが予想されますので、集客の部分においては、プラス作用に働くことができますが、その一方で家賃が安い物件というより、家賃を値引きをしなければ集客することができない物件は、年収が低い方が入居してくることもあるので、家賃の支払いが遅れる可能性は否定できません。



その結果、コロナ禍で分かったことは、家賃値引きしかしていない古い物件において、家賃の支払いが難しいと相談する件数が多い一方、築年数が経過した物件であっても、しっかりとリノベーションを行い、家賃値引きはしていない物件においては、家賃の支払いが厳しいと相談する方は少ないことが、管理会社の担当者のヒアリングでわかりました。




大手管理会社物件においては、入居時に家賃保証会社に加入することを必須としている所が近年では、非常に多くなってきています。


ご入居者様からの家賃が滞納した場合、家賃保証会社が家賃を一時的に立替てくれますが…

家賃滞納が3か月以上続いた場合

は、強制退去に向けて裁判手続きに入るのが一般的です。もちろん裁判手続きに入る前に家賃滞納分を全額支払えば、裁判には移行しないものの、実際に裁判に移行した場合(ご入居者様が勝訴する確率はとても少ない)や家賃滞納を繰り返しているご入居者様の場合、家賃保証会社のブラックリストに掲載され、退去した後次の賃貸物件を探そうと思い、契約しようと思っていても、入居審査で落とされてしまう可能性が非常に高くなります。



家賃値下げを繰り返している物件に、入居したいと思うお客様の中には、過去に家賃滞納を繰り返していた方や、強制退去になった方がいる可能性が高くなりますが、大手管理会社では家賃保証会社に加入している事から、入居申し込みはあったけれど入居審査が通らないお客様の数が増えてくることが予想されますので、空き室を埋めようと家賃を下げてもそれが逆効果になる可能性が出てきます。



つまり、安定した賃貸経営を続けていくためには、退去リフォームやリノベーションをしっかりと行い、家賃値下げは安易に行わないことが求められるのではないでしょうか?



#空室対策 #強制退去 #コロナ禍




1回の閲覧