コロナ禍の今、リノベーションで収益を上げるチャンス!


こんにちは。


今年は世界各国において、新型コロナウイルスの影響が出てしまい、特に経済活動においては深刻な状況となってしまいました。


今月に入り、新規感染者数は減少傾向が続いていますが、これから季節は秋から冬へと移行していくので、またコロナウイルスの活動が活発になってしまう恐れはありますが、ただ手洗いや密集を避けるよう、常に心掛けていれば、必要以上に感染を気にすることはありませんが、不要不急の外出は、まだまだ控えるべきですね。



コロナ禍の影響により、企業の業績が悪化したことで、業種によってはボーナス減額/カット、給料減額というところも多く出てしまい、このことは現在住宅ローンを借りて戸建て住宅などに住んでいる方にも多大な影響が出てしまっている状況です。


住宅金融支援機構には、3月以降「ローン返済の見直し」等を求める相談が、月を追うごとに増えているとの事。基本的にはローン返済期間の延長など、金融機関では慎重に対応はしているものの、支払期間が伸びてしまうと、総支払額は増えてしまうので、当初の計画とは真逆となってしまいます。



今までは、住宅ローン減税+住宅ローン金利が低かったこともあり、比較的多くの方が戸建て住宅に住替えましたが、コロナ禍の影響により、住み替えそのものを一時考えたり、また戸建て住宅に現在住んでいる方の中には、価値がまだある時に売却して、残債を処理したいと考える人も出始めています。



コロナ禍の今、リノベーション賃貸は追い風の状態となっています。


リノベーション賃貸の多くは、築年数が経過した古い物件が多いので、比較的家賃は新築と比べてリーズナブルとなっていることから、今まで戸建て住宅に住んでいた方であっても、比較的受け入れやすい環境となっています。


またコロナ禍の影響により、経済状況はしばらく停滞すると思われますので、家計においてはできる限り貯蓄に回す傾向が強くなることから、家賃が高めの新築物件より、家賃がおオトク&おしゃれなリノベーション賃貸の方がメリットとしては大きいので、今後リノベーション賃貸に入居される方は、増えていくのではと推察します。


#コロナ禍 #リノベーション #家賃