コロナ禍の状態にも拘らず、グレイスロイヤルの家賃値上げを目的としたリノベーション部屋が全室埋まったのは、バリュープロモーション戦略が成功したから。


賃貸市場において「築年数が経過した物件の空室部屋」を埋める方法として、今までは…

・家賃を相場並みにする

・室内をしっかりリフォーム/リノベーションを行う

・仲介会社に広告料を支払う

・ホームステージングを行う

このようなことを行えば、成約率が上がると言われてきましたが、では現実はどうかというと、しっかりと退去リフォーム・リノベーションを行っても、なかなか成約につながらないと思っているオーナー様は多いのではないでしょうか?



成約につながらない理由は、とっても簡単。

賃貸物件探しをされている方の多くは、

SUUMO等の「不動産賃貸物件検索ポータルサイト」

を活用しているからです。



賃貸系ポータルサイトは、お客様が希望される「エリア」「築年数」「家賃:上限・下限」等が自由に選択でき、条件選択した物件のみが掲載されるので、お部屋探しをされている方にとっては便利なツールであることには間違いありませんが、一方でお部屋を貸し出しているオーナー様や管理会社様にとっては、条件に全てに合致していなければ、画面上に残らなくなってしまいますので、画面上に残れるように「家賃値下げ」等を行っている物件が非常に多いのですが、ただ家賃値下げをしたからと言ってすぐに決まるかというと、そういうわけでもありません。




弊社所有物件がある山梨県は、日本で最も空室率が多い県。

賃貸単体では約3割は空き部屋であると言われています。


弊社所有物件が建てられたのは1993年。建てられた当時は周辺には賃貸アパートがそれほど多くはなかったので、募集を行ったらすぐに成約になることは珍しくはありませんでしたが、2000年代に入ったころから、次々と賃貸アパートが建てられたので、価格競争に飲み込まれてしまい、その後退去リフォームなどをしっかりすることにより、なんとか家賃値下げをしない状態をキープしていましたが、2017年の繁忙期(1月~3月)は募集していた部屋が殆ど決まらなくなったことにより、方針転換をし、リノベーションをすることで差別化を図ろうと決意し、現在に至ります。




山梨県においても、近年リノベーション賃貸が多くなってきていて、またお部屋探しをされている方も「リノベーション賃貸」に関して受け入れる方が多くなってきましたが、ただ競合他社のリノベーション部屋をよく見てみると、ある事に気づきます。


それは、どのリノベーション部屋も新築物件をベースにしたお部屋となっている事


リノベーション賃貸の魅力は、新築物件と同じぐらいの室内空間に生まれ変わっているのにもかかわらず、家賃が新築物件と比べてリーズナブルなところ。このようなこともあり、おそらく他社リノベーション物件は、新築物件をベースにして施工しているのですが、同じような部屋が複数あった場合、お客様の心理状態とすれば「一番安い部屋を選ぶ」という考えがすぐに浮かんできやすいですよね。




そこで弊社ではバリュープロモーション戦略を用いた差別化リノベーションを展開。



バリュープロモーションとは…

顧客が欲しいと思っているが競合他社では提供することができない、自社だけが提供できる価値のことを言います




これを賃貸市場に置き換えてみると…

顧客が欲しいと思っているものとは『おしゃれな部屋での生活』『初期費用が安い部屋』『家賃がリーズナブルな部屋』が考えられます。


そこで、競合他社は『おしゃれな部屋』『家賃を安く』して募集をかけていますが、ただリノベーション部屋が同じような部屋が沢山あれば、たとえおしゃれな部屋であっても価格競争に巻き込まれてしまう可能性が高くなり、家賃を安く設定してもインパクトがあまり大きくはありません。



そこで弊社所有物件においては、他社が決して真似をすることができない「ナチュラルテイストに特化したリノベーション」「初期費用を相場の4分の1」に抑えることにより、家賃を相場以上に設定しても、付加価値があることをお客様に伝えることにより、価格競争の波には一切飲み込まれないことに成功しました。また従来の賃貸系ポータルサイトを生かしつつも、物件独自のHPを開設することにより、価格競争から脱却することにも成功したので、その結果コロナ禍であっても、家賃値上げを目的としたリノベーション部屋が全室埋まり、満室を実現しました。



今月成約が決まった弊社所有物件の中には、まだリノベーションをしていない部屋も含まれています。たまたまリノベーション済みのお部屋があったので、そちらのお部屋をご覧頂いて「このような部屋になります」ということをお客様にお伝えしたところ、ご納得していただきました。




空室率全国ワースト1位の山梨県+コロナ禍という大変な状況の中でも、家賃値上げを目的としたリノベーション賃貸が全室埋まったことは、おそらく他県でも通用できるはず。


資産価値向上を目的とした差別化リノベーションにご興味がある方は、ぜひ一度お問合せ下さい。



#空室対策 #リノベーション


0回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

© 2020 賃貸 空室コンサルタント 有限会社 山長

お気軽にご相談ください
 

055-241-2218

yamanashi/Japan