リノベーション費用を抑えるコツ


空室対策をする時、室内をリノベーションをしようと考えるオーナーさんは多いと思いますが、ただリノベーションをするとなると、どうしても費用が高くなってしまうことから、リノベーションに対して躊躇してしまうことが多いのではないでしょうか?


高額な工事をする時、一般的には複数の業者に見積もりをとってもらい、適正料金を見定めることをするのが一般的。見積もりを比較することで、会社が定めている「単価」がわかってしまうので、単価があまりにも高い場合には、別の業者の見積もりを採用し、少しでも予算を少なくすることができますが、ただ相見積もりにはデメリットも存在します。


発注する側は、当然見積金額が安い会社を採用するのが当たり前ですが、ただ安い見積書には必ず「裏」があります。例えば単価を抑える代わりに、素材が悪いものを採用しているケースがその代表例と言えます。


素材が悪いものを使用すれば、必ず数年後にはその影響が顕著に出てきていしまい、結果的にはお客様とオーナーさん両方が嫌な気持ちになってしまいます。



では、どのようにすればリノベーション費用を抑えることができるのか?


それは相見積もりをやめて、一社独占にすること。


一社独占で発注を行う最大の利点は、施工業者が価格競争に巻き込まれない事。

施工業者も仕事でする以上、利益を上乗せした見積書を作成していますが、一社独占で発注を行った場合、業者的には大歓迎となりますので、多少なりとも値引きに応じてくれる可能性は高くなります。また複数回工事をお願いすれば、施工業者も「単価をより抑え得るための方法」を教えてくれる可能性も高くなりますので、結果的に施工業者・オーナー様両方がwinwinの関係となります。



#リノベーション工事 #相見積もり

0回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

© 2020 賃貸 空室コンサルタント 有限会社 山長

お気軽にご相談ください
 

055-241-2218

yamanashi/Japan