リノベーション賃貸って、ゴキブリが出やすいの?


築年数は古いものの、新築と殆ど変わらないぐらいになっている「リノベーション賃貸」は、家賃がオトクになっているので、歓迎すべきことですよね。


ただその一方で、やはり築年数が経過しているということは、ゴキブリが発生しやすいのではといった懸念が生まれます。

ゴキブリ発生は、築年数は一切関係ありません

大多数の人は「ゴキブリ」が室内にいると、気分が下がってしまい嫌な思いをしてしまいますが、たとえリノベーションをしても「ゴキブリが発生しやすい」部屋だったら、入居はしなかったはずですよね。


では、築年数が経過したリノベーション賃貸では、本当にゴキブリが発生しやすいのでしょうか?

目 次

1.築年数とゴキブリ発生率

2.ゴキブリ発生要因を減らすことが大切

3.グレイスロイヤルならば、発生要因を抑えられる

4.まとめ

1.築年数とゴキブリ発生率

築年数

ゴキブリ遭遇回数

築1~5年

1,43

築6~10年

1,87

築11~20年

3,23

築21年~

4,98

株式会社オウチーノが調べた所によると、築年数が経過すればするほど、ゴキブリ遭遇回数

が増加傾向になっていることが、一目瞭然となっています。確かに築年数が古い物件では、ゴキブリ遭遇回数は増加傾向となっていますが、ただここではっきりしていることは、築年数が浅い物件でも、ゴキブリに遭遇していること。

ゴキブリが室内にいると「数百匹」いることになりますので、例え築年数が浅い物件であったとしても、ゴキブリを回避することはできません。

ただ見方を変えてみると、ゴキブリの発生要因を無くす(減らす)ことができれば、ゴキブリが室内に侵入しにくくなることにつながるので、基本的な対策を講じることによって、発生率を抑えることは可能となってきます。



2.ゴキブリ発生要因を減らすことが大切

ゴキブリ発生要因を減らすことが大切

賃貸でゴキブリを抑えるためには、発生要因を抑えるしか方法はありません。

ゴキブリは「少しの隙間」さえあれば、簡単に侵入してしまうことから、100%防ぐことは不可能に近いです。

ただ、日頃からしっかりと対応することによって、ゴキブリを寄せ付けない部屋にすることは可能ですので、日々実践することが非常に大切です。

賃貸でできる対処方法は、下記のとおりです。

①入居前に室内消毒はしてもらう

賃貸の初期費用の中には「オプション扱い」のものがあります。

その内のひとつが「室内消毒」。


室内消毒とは、契約日前に専門業者さんが、室内に害虫駆除剤を散布するもので、ゴキブリは少しの隙間さえあれば、簡単に侵入してしまうものですが、業者んに委託した場合、隙間部分を見つけたら、しっかりと隙間を埋めてから薬剤を散布するので、ただ市販の駆除剤を

散布したものと比べると、効果は絶大。


②市販の駆除剤を積極的に活用する

最近の市販駆除剤は、ワンプッシュするだけで、1か月間効果が持続するものがありますので、それらを有効活用することによって、予防対策としては効果的となります。


③段ボールや生ごみを室内に放置しない

ゴキブリは、ニオイにつられてくる性質があるため、特に生ごみに関しては、後片付けの際、ニオイが出ないように袋に入れた上で、蓋つきのごみ箱に入れることをおススメしますす。 また、段ボールを室内にためっぱなしにしておくと、ゴキブリが卵を産み付けてしまうだけではなく、近年の住宅は「高気密性」になっていることから、段ボールがあることによって、越冬も可能になってしまうことから、段ボールが溜まる前に、集積所などにもっていくことが大切です。 3.グレイスロイヤルならば、発生要因を抑えられる

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、敷地内に「燃えるごみ」「燃えないごみ」置き場が設置されていて、24時間ごみ出し可能物件となっています。 24時間ごみ出しが可能になってくると、ごみ置き場が汚くなってしまうのではと、考えてしまう方が多くなりますが、当物件ではオーナーである自分が、平日物件清掃をおこなっており、ごみ置き場もしっかりと管理していますので、安心して利用することができます。

4.まとめ


賃貸でゴキブリを発生させないことは、不可能ですが、ただ発生率を抑えることは十分可能です。当物件ならば、燃えるごみや段ボールなどを、すぐに捨てることが可能となりますので、定期的な駆除や対策をしっかり行って入れば、ゴキブリ発生率を抑えることは、可能となってきます。












7回の閲覧0件のコメント