リノベ賃貸で叶えた、おしゃれなナチュラルキッチン。


近年、おしゃれなカフェのお店が増えてきていますよね?

お洒落なカフェのお店の魅力といえば、インスタ映えするようなケーキやコーヒーが沢山あるのはもちろんですが、室内空間が「日常を忘れさせてくれる」ような、居心地がいい感じになっている点だと、個人的には思います。


もしカフェの様な空間が、賃貸でも味わえれば、毎日の生活がとてもうれしくなると思いますが、ただ賃貸では「おしゃれなカフェの様な空間を再現」できるような部屋は、まずないと言っても過言ではありません。


甲府市大里町にあるグレイスロイヤルは、築年数が経過していることもあるので、2018年以降、空き部屋を順次リノベーションを行っていますが、ご入居されたお客様から高い評価を頂いています。


どうして高い評価を頂いているかというと、室内空間が「おしゃれなカフェの様な空間」になっていることです。


今日のブログは、おしゃれなカフェの様な空間を味らうことができる「グレイスロイヤルのリノベーション部屋」で、特に人気が高いキッチンにスポットを当ててお伝えしていきたいと思います。


目 次

1.実はキッチンリメイクしています

2.無垢材キッチンにこだわったわけとは?

3.上級グレードの部屋にしかない照明とは?

4.実際にご入居されているお客様の声

5.まとめ


1.実はキッチンリメイクしています

2018年以降に行われた当物件のリノベーションは、全てナチュラルキッチンとなっていますが、実はこちらのキッチン「もともと使用していたキッチンをリメイク」したものです。


当初は、若い世代から人気が高い「対面キッチン」にしようと思っていたのですが、コストがあまりにも高くなってしまうので「断念」し、その代わりとしてキッチンリメイクをしようと考え、現在のキッチンに至っています。


キッチン本体は、今まで使用していたものを使っていますが、キッチン扉やキッチンパネルは、リノベーションを機に「新しいもの」に変え、換気扇フードは「再塗装」を行った上で、再設置しています。ある意味において、地球環境に優しいリノベをしています。



2.無垢材キッチンにこだわったわけとは?

経営的には、メーカー既製品を導入したほうが「コストを抑えられる」ので、通常のリノベーションなら、まずそちらを採用するところ、当物件ではあえてキッチンリメイクを行っています。


その理由は、近年リノベーションをする物件が増えつつありますが、どの物件でも「既製品キッチン」を導入してるので「同じようなことをしたら、必ず価格競争(家賃値下げ)に巻き込まれてしまう」と感じ、それならば他社にないオリジナルのキッチンを導入するしかない」と考え、それならばおしゃれなカフェのお店にあるような、居心地がいいキッチンを作ったほうがいいと思い、こちらのキッチンを製作しました。



無垢材は、時間の経過と共に「色が変色」していくので、ナチュラルテイストに興味がある方なら、その良さを理解して頂けるはず。お部屋にもよりますが、たった1年でも入居前と比べると、無垢材の色が「濃く」なっているので、経年変化を楽しむことができます。



3.上級グレードの部屋にしかない照明とは?

M棟以外の部屋は、全てフルリノベーションを行っています。

LDKにおいても、差別化を図るために、照明が最初から標準装備となっていますが、その照明とは「ペンダントライト」と「ダウンライト」です。


賃貸における照明に関しては、原則としては「お客様の方で準備して頂くもの」となっています。これは築年数関係なく一律となっていることが多く、新築物件でも、一部物件を除き、照明はついてはいません。


当物件の上級グレードの部屋においては、キッチンの魅力を高め、またよりおしゃれなカフェのお店のような雰囲気を楽しんでいただきたいと思い、LDKにはペンダントライトとダウンライトが、標準装備となっています。


賃貸でダウンライト&ペンダントライトが標準装備になっている物件は、殆どないので、お友達などをお部屋に連れて来た時、ビックリされること間違いありません。



4.実際にご入居されているお客様の声

実際にご入居されているお客様の声

当物件のリノベーション部屋にご入居されたお客様は、キッチンに関してどのような感想をお持ちなのでしょうか?


当物件では、リノベーション部屋にご入居されたお客様に、ご入居後の暮らしについて取材を行っていますが、キッチンに関する感想について、ご紹介したいと思います。


一目見て「こういうキッチン」は大好きだったので抵抗はありませんでした。

正直に言うと、キッチンカウンターがない状態では(キッチンの)作業スペースが狭いので、料理がしにくいと思ったのですが、調理台が付いた可動式のキッチンカウンターがついていたので、料理がとてもしやすく、また収納スペースもたくさん確保してあるので、乾燥タイプの食品などはキッチンカウンターの上部引き出しに、下部収納には、調理器具などを置いていますが、余裕をもって収納できる点がメリットです。


もし欲を言えばこちらのキッチンは、キッチンをリメイクしたとのことですが、身長が大きめの男性の場合、このキッチンの高さでは少し料理がしにくいのかな?と思いましたが、それでもこのキッチンは、友達などが遊びに来た時「何このキッチン!」「このキッチン可愛い」と褒めてくれて、友達も住みたいと言っているとのことですが、ただその友達は今戸建て住宅に住むとの事なので、住めないのが残念と言っていました(笑)


5.まとめ


リノベーション賃貸は、築年数以上に室内がおしゃれになっているので、新築物件に住みたいけれど、家賃を抑えたい方にはピッタリの部屋と言っても過言ではありません。


ただ、リノベーション賃貸は、費用がかさんでしまうので、既製品を導入せざるを得ないことから、どうしても画一的な部屋になってしまいがちですが、当物件のリノベーション部屋の場合、キッチンがナチュラルキッチンになっているので、居心地の良さはもちろんのこと、キッチンカウンターも標準装備になっていることから、使いやすいキッチンとなっていると言っても過言ではありません。



0回の閲覧0件のコメント