一過性の賃貸集客は長続きしない



賃貸物件を募集する際、可能であるならば「すぐにでも部屋を埋めたい」はずであり、もし賃貸集客が「すぐにでもできる方法」があれば、賃貸物件をお持ちのオーナー様としては「藁にもすがる気持ち」で、習得したいと考えますよね?



話は少し変わりますが、皆さんは「高級食パン」を食べたことがありますか?

一時期流行っていた高級食パンブームに陰りが…

食パンを購入する時、一昔前は「スーパーマーケット」や「パン屋さん」に行くものだというイメージが強いですよね。また食パン1つ(基本的には6枚切り/8枚切り)安いものだと100円を切りるものもありますし、高くても200円前後といったところが妥当でしたが、2013年以降「高級食パン専門店」が、全国各地でOPENしたことから、一時期は「事前予約をしなければ、購入することができない」ぐらい、人気を博していました。


しかし、近年においては「高級食パン専門店」が相次いで閉店に追い込まれていると、一部ネット上において取り上げられていました。



これはあくまでも個人の感想ですが、高級食パン店で何度か「食パンを購入」し、実際に食べてみました。確かにスーパーマーケットで販売している食パンと比べると、見違えるぐらい美味しいと思いましたが、ただ「また購入したいか?」と思った時「そこまでしてまで食べたい」とは、決して思いませんでした。


その理由を考えた時、価格と商品との間の温度差が、非常に開いてしまっている点と、競合他社も「同じような商品展開」をしていることから、差別化を図ることが難しくなり、どのお店でも同じといったイメージが先行してしまったことから、それならあえて高級食パン店で購入しなくても、パン屋さんの食パンで十分と考える方が多いと、推測します。





この考え方は、どの業界においても「共通してしている」事であり、賃貸業界においても「当てはまる」と思われます。

誰にでもできる賃貸集客は、必ず終わりが来ます

賃貸業界においては、今後人口減少が画一に起こることがわかっているので、どのエリアであっても「賃貸空室率」は上昇していきます。


それなのに募集している部屋を見てみると、新築や築浅、リノベーション物件全てにおいて共通していることは「どの部屋も同じような感覚」となっていることから、マーケティング的な視点で考えてみると、確実に「価格競争がうまれやすい」状態になってしまいます。


ただ、この様な状況下の仲であっても、いまだに賃貸業界においては、反響が得られにくいと考えた際「家賃の値下げ」「広告料の増額」「客付けに強い仲介会社に訪問営業する」といった古い集客スタイルを固持している管理会社担当者/オーナー様が多いです。


流行というのは「恐ろしい」もので、流行っている時には「沢山の方から問合せや購入」が多くなりますが、ブームが終わりかけの時には「波が引いてしまう」みたいになってしまうことから、賃貸集客をする際には「基本に沿った形」を行うのが、非常に重要となります。


#高級食パン

#集客

#部屋探し




閲覧数:1回0件のコメント