仲介会社から100%嫌われるオーナーの特徴とは?


賃貸物件で空室が発生した場合、不動産仲介会社にお願いして、物件情報を大手賃貸サイトなどに掲載してもらったり、またお問合せや案内が入った時には、対応してもらっています。


不動産仲介会社は、契約をもらうことが一番の目標であるため、お問い合わせなどが入った時には、それが他社管理物件であったとしても、対応することがありますが、実は賃貸仲介会社にとって、優先的に紹介してもらえる物件と、残念ながら「捨て駒的」に扱われる=仲介会社から嫌われている物件があるのを、ご存知でしょうか?


 

目 次

1.不動産賃貸業界を馬鹿にしている

2.客観的に見て、室内が汚い

3.告知義務あり物件となっている

4.会話のキャッチボールができない

5.まとめ

 

1.不動産賃貸業界を馬鹿にしている

不動産賃貸業界を馬鹿にしている

一昔前の時代は、賃貸物件の供給数が「圧倒的に少なかった」ので、今と比べると「空室対策を本格的」にしなくても、募集開始と同時に部屋が埋まりかったのですが、今はエリアによっては、物件数が飽和状態となっているため、募集をかけても「部屋が早期に埋まる」という保証は、どこにもありません。


賃貸物件を所有しているオーナー様としてみると、空室が埋まらないのは「仲介会社の営業力不足」という認識をもたれる方が、今でも若干名はいるはずで、一部のオーナー様は、仲介会社に対して「客付け強化をしろ!」と命令口調で指示される方がいます。


ただこれをしてしまうと、担当者のやる気を損ねてしまう結果のみとなってしまい、むしろ空室期間が長期化になってしまうことも。もしどうしてもクレームを言いたいのであれば、責任者の方に対して「どうして埋まらないのか?埋めるための対応策を提示してほしい」と協調かつ丁寧な姿勢で対応しないと、逆効果です。



2.客観的に見て、室内が汚い

客観的に見て、室内が汚い

空室を一日でも早く埋めるためには、募集している部屋が「お客様から支持」されていないと、成約に持ち込むことが難しくなってしまいます。


例え築年数が経過していたとしても、室内空間が「きれいでおしゃれ」になっていると、担当者も安心してご案内することができますが、一方で室内空間が「誰の目から見ても、汚い」部屋の場合では、担当者がどう頑張っても、お客様が「ここに住みたい」という考えには至らないので、むしろ「この部屋を捨て駒的に一時的に見せて、埋まりやすい本命の部屋を紹介しよう」という別の考えを持ってしまう担当者も出てきますので、要注意です。



3.告知義務あり物件となっている

告知義務あり物件となっている

一般的に告知義務が発生している物件というと、募集していた部屋において、殺人事件が発生した場合や、自然死などでも「発見が遅れてしまい、特殊清掃をせざるを得ない」ような物件が対象となりますが、実は「騒音問題が頻繁に発生している」「入居者トラブルが頻繁に起こっている」「オーナー様の設備対応が遅れて、常にご入居者様に迷惑をかけている」ような物件も、告知義務の対象となってしまう可能性が強くなります。


重大な告知義務が発生していなければ、担当者から説明をするようなことはありませんが、ただお部屋探しをされているお客様から、「前回の方の退去理由を教えてほしい」「物件対応は良いのか?」等といった質問を受けた際、告知をしなければならないような物件は、当然ながら「集客上不利」になってしまうので、担当者としてもお部屋紹介はしたくはないというのが本音ではないでしょうか?



4.会話のキャッチボールができない

会話のキャッチボールができない

不動産賃貸業界にとって、毎年1月~3月は、多くの方が「お部屋探し」をされることから、最大の書き入れ時となっています。土休日はもちろんですが、平日であっても「多くの方が来店・物件見学」をされるので、その場で交渉が入ることもあり得る話。


仲介担当者としてみたら、お客様からの交渉条件に対して、すぐにオーナー様に連絡して「可能な限り決済を得られる」ことができれば、契約に持ち込むことが可能となってきますが、ただオーナー様が仲介担当者からの連絡・相談に対して「そっぽを向く」ような対応をしてしまうと、担当者のやる気は限りなくなくなってしまうので、客付けに非常に不利となってしまいます。


もし、どうしても電話対応ができない場合においては、時間を指定してかけ直してもらうか、もしくはオーナー様の方から直接折り返すか、どちらかをしないと、本当に嫌われ物件となってしまいます。



5.まとめ

募集している物件が、なかなか埋まらない場合、その原因が「どこにあるのか」に関しては、その時の状況によって、大きな差異が発生しているので、一概に言うことは難しいのですが、ただ結果が出ないというのは、たとえどのような理由があったとしても、オーナー様の物件が「お客様から敬遠されている」ことは事実のはずです。



ただ、しっかりとした対応策を講じることによって、空室期間の短縮は十分可能であると言えますし、なにより「客付け対応をしてもらっている仲介会社に対して、いつもお世話様です」と言えるようでないと、いつまでたっても捨て駒物件のままとなってしまいます。


#賃貸

#空室対策

#仲介会社


閲覧数:0回0件のコメント