仲介会社に「営業」をしても無駄に終わってしまう理由とは?


2021年の繁忙期に突入しました。

今年は新型コロナウイルスの影響により「オンライン内見」を希望されるお客様が増えることが予想され、場合によってはオンライン内見でご契約してしまう可能性も否定できませんが、弊社所有物件を管理している管理会社の担当者の話によると、現時点においてはお部屋探しをされている方の数は、昨年の同じ時期と比べて同じぐらいとのことです。


空室問題に悩まされているオーナー様の中には、客付け強化のため「集客に強い仲介会社」を訪問して「客付け強化」をお願いされる方がいますが、結論から先に言いますと、仲介会社に営業をしても「効果」は期待できません。



賃貸物件のお部屋探しというと、SUUMO等といった「不動産賃貸物件検索ポータルサイト」を活用される方が殆ど。


同サイトは、お客様が希望される「エリア」「築年数」「家賃(下限~上限)」等が自由に設定できることから、ひとつでも条件に合わない物件は検索画面上に掲載される可能性が低くなってしまうので、特に築年数が経過している物件は「家賃値下げ」をしなければ、掲載画面に残りにくくなってしまうので、お問合せ件数は少なくなってしまいます。


またお部屋探しをされる方が「仲介会社に訪問」される件数も「1~2件」が多く、しかも事前に見学をしたい物件をピックアップしてくるため、仲介会社がおススメ物件として紹介したいと思っていても「結構です」と言われてしまう可能性が大きいことから、オーナー様が仲介会社を訪問して「営業」を行ってもあまり期待されないほうがいいというのが本音です。(広告料(AD)を沢山つけても効果があまり期待できないのも上記が理由です)




最近の空室対策では「入居後のイメージ」をもってもらおうと「ホームステージング」を行う物件が増えてきましたが、ホームステージングをしても、賃貸系のポータルサイトしか募集をしていない場合には「築年数」「家賃」が勝負になってきますので、価格競争に巻き込まれやすくなってしまうのと、ポータルサイト画面上(トップページ)には物件外観が掲載されているケースが殆どなので、ホームステージングをしてもクリックボタンを押してもらえない限り、詳細画面に進むことができないので、ホームステージングが本当に有効なのかどうか、懐疑的な部分があります。




もし空室部屋が中々決まらなくて困っているオーナー様に、費用をかけなくても効果が期待できる㊙集客方法をお教えます。


それはTwitter・Instagramを活用した募集方法


お部屋探しをされている方の年齢層は、比較的「若い方」が多いですよね。

若い方は「SNS」(ソーシャルネットワーキングサービス:登録された利用者同士が交流できるウエブサイトの会員制サービス)を利用している方が多く、インターネット利用人口の80%はSNSを活用していることから、賃貸募集をする際「SNS」を活用することで成約期間短縮が期待されるので、ぜひ活用すべきツールと言えます。



賃貸物件募集で効果的なSNS活用方法とは…?


Twitter:オーナー様の賃貸物件に関して多くの人に知ってもらいたい時には、拡散効果が期待できるTwitterがおススメ。


Instagram:特におしゃれな部屋の写真を掲載する場合にはInstagramがおススメ。特に女性は「おしゃれな部屋に住みたい」という考えが強く、Instagramの写真がおしゃれだと「部屋見学をしたい」という気持ちになっていくので、リノベーションをした部屋などはInstagramを積極的に活用されるのがベスト!



弊社所有物件は、日本一空室率・山梨県にあり、また弊社物件の築年数は27年であることから、賃貸系のポータルサイト上のみでの集客では、価格競争に巻き込まれるのがわかっていたので、2017年より自社HP とTwitter・Instagramをそれぞれ開設した結果、当物件にご入居されたお客様の約9割は公式サイトからであり、弊社物件は集積性確保のため資産価値が下がりにくい「ナチュラルテイストに特化したリノベーション」を展開しているので、20~30代の若い世代・ある程度の収入がある方がご入居して頂けているので、家賃滞納や入居者トラブルといった懸念はほとんどないことから、安定経営を実現することができました。また今月にいはついに満室になりました。


日本一空室率が悪い山梨県において、家賃を値上げしたリノベーション部屋(相場家賃より高い)が成約・満室になったことは、これは他県でも十分通用できるはず。


また現在首都圏や一部地域においては「緊急事態宣言」が発令されているので、オーナー様が空室対策を何とかしたいと思って「仲介会社」に営業に行かれた場合、場合によっては営業に行ったことが逆効果となってしまう可能性もあります。


TwitterやInstagramの開設は無料でできますので、空室でお悩みの方は、ぜひ一度検討されてみてはいかがですか?



0回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

© 2020 賃貸 空室コンサルタント 有限会社 山長

お気軽にご相談ください
 

055-241-2218

yamanashi/Japan