仲介担当者だけが知っている部屋が埋まりやすい物件とは?


毎年1月~3月は、新生活に向けて多くの方が賃貸物件を探されます。

この時期に、空室がある場合「千載一遇のチャンス」と言っても過言ではなく、埋まる物件は早期に決まりますが、一方「決まりにくい物件」においては、広告料を増額したとしても、決まらないことがあり、繁忙期を過ぎてしまうと「お部屋探しをされる方の人数」が、確実に減ってしまいますので、オーナー様としてみたら、つい仲介会社に「はっぱをかけて」しまいがちになります。


仲介担当者だけが知っている部屋が埋まりやすい物件とは?

毎日募集している部屋を紹介している仲介担当者は、「決まりやすい物件」と「決まりにくい物件」をしっかりと把握していて、決まりやすい物件に関しては「たとえお客様が別の部屋を紹介」してほしいと言われても、何気なく「担当者おススメの物件」も併せて紹介している傾向が強く、やり手の営業担当者は「あえて質の悪い物件」を先に見せて、本命の物件を一番最後に見せることによって、「成約率を高めて」いる人もいます。




では、仲介担当者が知っている「部屋が埋まりやすい物件」とは一体何かというと…

賃貸の見える化がしっかりと把握できる

物件です。

賃貸の見える化

不動産仲介会社は、1件でも多くの物件を契約し、仲介手数料を満額貰うことを、最大の目標としています。


繁忙期は、多くの方が物件探しをするため「平日も含めて」毎日のように、物件案内をしていますが、ただ内見案内をしたとしても「成約に結び付けなければ、仲介手数料はもらえない」ので、担当者の立場で考えれば「可能な限り短時間で、契約に結び付けたい」思うのが自然ですよね?



仲介担当者がぜひ勧めたいと思えるような部屋でないと、成約は難しいです

最近では、空室対策を強化する物件が増加傾向となり、室内の印象を少しでも良くすることができる「ホームステージング」をする所が増えてきました。ただたとえホームステージングをしたとしても、入居後に…

・管理の質が悪い

・入居者の質が悪すぎる

・設備不良が発生しても、すぐに対応してくれない

・物件周りやごみ置き場が汚すぎる

等といったことがあるような物件では、正直「広告料がついていたとしても、成約になる可能性が低く」なってしまい、さらに成約を急ぐあまり「あまりよい物件ではない部屋を紹介」したことによって、入居後にクレームなどをもらってしまうと、そのことがきっかけで仲介会社全体の評判を下げてしまう可能性が出てきます。



仲介担当者は、すぐに埋まる部屋を紹介している傾向お

そこで重要となるのが、募集している部屋が…

・しっかりとリフォーム/リノベーションされている

・設備不良が発生しても、素早く対応してくれる

・管理の質が高く、入居者トラブルがほとんど発生していない

・家賃滞納リスクが殆どない

・仲介手数料を満額貰える

・入居者からの評判が高い

物件は、担当者としても「自信を持って紹介」してくれることから、成約率は当然高くなります。


実は、不動産賃貸業界において、空室対策はしっかりと行っている所が多い反面、入居後のアフターフォローの部分をしっかりと説明することができない物件が多いため、お客様から質問をされても、しっかりと説明することができない物件が多いです。




弊社物件がある「山梨県」は、日本一空室率が悪い県で、特に弊社物件がある甲府市大里町は、若い世代に人気が高いエリアであることから、賃貸物件数が飽和状態となっている激戦区。


このような状況下の中で、築29年目の2LDK賃貸物件を所有しているのですが、昨年9月末にリノベーションをした部屋が全て埋まり、現在も満室を継続していますが、因みに弊社リノベーション部屋は「家賃相場より1.5万円程度高い家賃設定」をしているものの、部屋が全て埋まっているのには、賃貸の見える化をしっかりとお客様に紹介しているからです。


例えば、山梨県甲府市では「年に1~2回ぐらい」雪が降ることがあります。

賃貸物件における雪かきは、ご入居者様自身で行っていただく事になっていますが…

弊社物件では、オーナー自ら雪かきをしています。


お客様の立場で考えた時、本来するはずの雪かきを「オーナーが変わって行ってくれる」ことは、歓迎すべきことですが、仲介担当者の立場で考えた時、オーナーさんが目に見えない部分における対応も、しっかりと対応してくれるということは、優先して案内をすれば、成約率が上がりやすくなりますよね?


またこれも弊社物件では毎年行っていることですが、年末年始は「ごみ収集がお休み」となるため、三が日を過ぎた時には「ごみ置き場がごみで溢れかえっている」物件が多く、場合によっては、カラスなどがごみをあさって、大変なことになっていることもあり得ます。


そこで弊社物件では、毎年1月4日に、ごみ置き場にあるごみを全て「ごみ収集センター」にもっていき、自費でごみを処分しています。ごみ置き場が乱雑になっていると、物件評判的にものすごく悪くなってしまいますが、お正月明けにすぐに対応することによって、アパート景観的もよくなりますし、さらに他社との差別化を図れることができるので、一石二鳥となります。



賃貸物件数は、地方都市では飽和状態となっているため、今までのような空室対策では、部屋が埋まりにくくなっているので、もしオーナー様が「空室対策を強化」したいのであれば、賃貸の見える化を促進することによって、仲介担当者が「ぜひ紹介したい」と思えるような物件にしないと、早期に部屋が埋まらない可能性が出てきてしまいます。



閲覧数:1回0件のコメント