低予算でも、費用対効果抜群のリフォーム方法とは?


賃貸物件の供給数は、全国的に見ても「飽和状態」となっていることから、特に競争力が低下してしまっている「築年数が古い」物件においては、何かしらの手を打たなければ、家賃値下げをしなければ、集客することはできません。


ただ、家賃を下げたとしても、成約につながるかというと、そういうことではありません。



基本的に家賃を値下げし続けている物件では、「退去後に行われるリフォーム」が非常に甘い傾向となっていることから、室内空間が「お部屋探しをされている方」にとって、おしゃれではない場合、たとえ検索画面上に掲載されていたとしても、お問合せ件数が増加しない恐れがあり、特にファミリータイプ物件においては、上記傾向が顕著に見られます。


できる限り早期に部屋を成約したいのであれば、最低限のリフォームは必須となります。


ただ、リフォームするにしても「予算」はどうしても限られていることから、オーナー様の中には「リフォームをすることを躊躇」してしまう方もいるはずですが、予算をあまりかけなくても、良い部屋を作ることは可能となります。



例えば、これは現在弊社所有物件で行っている、退去リフォームですが…

弊社では現在リフォーム工事を行っています。

こちらの部屋は、できる限りリフォーム費用をかけないようにしていますが、ただ築28年が経過した物件においては、ある程度リフォームをしなければ、現在の家賃で募集をすることは難しくなってしまいます。


そこでこちらの部屋においては、キッチンをおしゃれなカフェ風キッチンにリメイクしますが、床部分に関しては、比較的安いクッションフロアに変更します。


床材を明るめのものにするだけで、同じ部屋なのにここまで室内空間が明るくなります。

また今回クッションフロアに変更することによって、通常のフローリングと比べると、吸音効果が期待できることから、生活音対策にもつながります。


こちらの部屋は、1階の部屋ですが、足音などの生活音は、場合によっては上階に響く可能性があり得ます。通常のフローリングでは、吸音効果はほぼ皆無となるので、もしかすると2階の部屋に音が響く恐れがありましたが、クッションフロアにすることで、ある程度の予防効果は期待できます。



リフォーム前後の写真を見比べてみると、一目瞭然です。





0回の閲覧0件のコメント