何もしなければ、赤字のみ増えます。


こんにちは。


今日の賃貸物件検索の主流は「不動産賃貸ポータルサイト」に依存されているので、お部屋を探される方にとっては、短時間で希望物件を絞ることができる一方で、特に築年数が経過した物件においては、年数で勝負ができない以上、どうしても価格競争=家賃値下げをしなければ集客をすることができないと言われています。



家賃を値下げすることは、お客様からは歓迎される一方で、オーナー様にとってはマイナスでしかなく、一度でも下げた家賃はよほどの限り「家賃を戻す」ことは難しいことから、オーナー様にとっては厳しい状況に変わりはありません。



また家賃を下げたことがほかのご入居者様にわかってしまうと、その方にも同じような条件にしなければならないので、家賃を下げる行為は、オーナー様の首を真綿で絞めるような行為でしかありません。





オーナー様の所有物件が、相場家賃の影響を受けにくくするためには、物件の資産価値を高めるリノベーションを行い、家賃を値上げするしか方法はありません。


ただその一方で、リノベーションは基本的に全ての設備を交換することが前提となることから、費用が数百万円かかる場合もあるので、一部のオーナー様には、多額の費用を投資して、すぐに結果が出るのか?と懐疑的に思われる方も多いです。




弊社がご提案する「差別化リノベーション」は、他社さんが行っているものとは全く異なり、徹底した差別化を図ることにより、他社が真似する事=介入することを防ぐことで、オーナー様の資産価値をいつまでも高めることができ、相場家賃の影響を受けにくくするものです。




設備の劣化は、どうしても避けることができません。

例え保存状態が良い場合であっても、劣化のスピードは弱くすることができても、劣化を止めることはできません。


ただ、年数が経過すればするほど、味が出てくるような部屋だったら、逆にそれが一つのメリットとしてお客様に受け入れることができるはず。


弊社のリノベーションご提案とは、長期ご入居すればするほどお部屋の価値が逆に高くなる部屋となりますので、リノベーション費用が高額になっても、早期に費用回収・利益を発生することが可能となります。


また、費用をあまりかけたくはないオーナー様もいると思いますが、ワンポイントリノベーションを行うだけでも、効果はすぐに出てきますので、現状家賃を死守したいと考えているオーナー様には最適なプランと言えそうです。



今後、日本の人口は減少することは間違いありませんので、空き室はもっと増大していきます。空き室を少しでも解消させるためには、お客様が喜んでくれるような部屋にしなければなりません。最小限のリフォームをすれば部屋が埋まる時代はもう終わっています。


これから始まる大空室時代に勝つためには、他社が真似することができないリノベーションを行うしか方法はありません。



#築年数 #リノベーション