家賃がもったいないから戸建て購入、本当に正解なの?


近年においては、住宅ローン金利が安いこともあり、また住宅を購入された方を対象とした税制優遇もあることから、住宅販売メーカーは「住宅を購入するならば、今が一番買い時」としきりにアピールしていますよね。


確かに現在の住宅ローンの低金利であれば、身の丈に合った住宅ならば、毎月の家賃とほぼ同額で入居することはできるものの、ただどのような世界にもあることではありますが、うまい話には必ずと言ってもいいほど「マイナス面」が見え隠れしていて、その部分に関しては、住宅メーカーではまず説明されていないはず。



住宅ローン減税終了後は、元の税金に戻ります

住宅ローン減税終了後は、元の税金に戻ります

住宅ローン減税とは、住宅ローンを金融機関から「借入」を行い住宅購入される方を対象にするものであり、向こう10年間の所得税が優遇されるもの。金利負担軽減を目的に作られた減税は、期限が設けられていることから、もし戸建て購入された時にお子さんが生まれた場合/もしくは生まれていた場合には、優遇制度が終わるころは小学校高学年~中学生になっている頃。

このころになると、養育費の支出が増加傾向となることから、しっかりとシミュレーションを立てておかないと、住宅ローン減税終了後、家計が火の車になってしまう可能性があります。



固定資産税と火災保険は、住宅ローン対象外

固定資産税と火災保険は、住宅ローン対象外

戸建て住宅を購入されることによって、固定資産税(都市計画税)と火災保険(地震保険とセットの場合が多い)の支払いが別途発生してしまいます。


住宅販売メーカーが「家賃を支払い続けるのは無駄」と営業トークしていますが、固定資産税と火災保険を月払いで計算した場合で、毎月の住宅ローンの合計額が、家賃より上回っていたら、それってある意味「ウソをついていること」になりませんか?


さらに近年では「自然災害」が多発していることから、火災保険料は今後値上がり傾向が続くことが予想されます。

仮に現在住宅ローン+固定資産税・火災保険の月割り合計額が、今まで入居していた家賃より「下回っていた」としても、保険料は必ず値上がりしてくる(現在の補償を維持した場合)ので、毎月の家賃より上回ってしまうのは、時間の問題と言えそうですね。



お隣から騒音問題が発生しても、簡単には引っ越せない

お隣から騒音問題が発生しても、簡単には引っ越せない

今まで入居していた賃貸物件において、騒音問題が発生し解決する気配がなければ、住み替えが簡単にできましたが、戸建て購入した場合には、そう簡単には引越しをすることはできなくなります。



修繕費が増加してきます

修繕費が増加してきます

賃貸に入居している時、経年劣化による設備不良が発生した場合には、オーナーさんが修繕費用を負担してくれましたが、戸建て住宅においては、ご自身で対応しなければなりません。


特に一番お金がかかる費用としては、外壁塗装工事。

紫外線などの影響によって、建物の外壁は10年を超えてくると劣化が顕著となり、建てた当時と比べると、外壁の色が薄くなってしまいます。


外壁塗装を定期的に行うことによって、建物寿命を延ばす効果と、建物が古臭く見えない効果が期待できますが、ただ外壁塗装工事は「足場」等を組む関係から、費用が高額なってしまいます。


戸建て購入時に、定期的なメンテナンス費用が住宅購入費用に含まれている場合は、修繕費用が発生しませんが、入っていない場合は、ご自身で対応しなければならなくなります。



ローン返済が滞れば、自宅を失います

ローン返済が滞れば、自宅を失います

現在勤務している会社の収入が減少してしまったなどの理由で、住宅ローン返済が難しくなった場合、すぐに借り入れを行った金融機関に相談をして、支払期間の延長や元金据え置きなどを相談しなければ、金融機関も柔軟に対応してくれますが、もし住宅ローンが3か月以上滞納してしまうと、分割での支払いができなくなり、一括返済を要求され、殆どの方は一括で返済することができないことから、この場合「競売」にかけられて、債権処理を行うことになります。


競売で自宅を売却するより、任意売却の道を選んだ方が、多少なりとも高く買い取ってくれますが、ただ残債を全てゼロにすることは、非常に難しいことから、仮に自宅が売却できたとしても、借金だけは残る形となるので、それらは毎月支払わなければならなくなります。





0回の閲覧0件のコメント