家賃を払い続ける賃貸はムダ?実は賃貸には様々なメリットが沢山あります。


こんにちは。


よく、賃貸物件は家賃を何年も支払い続けているのに「自分のもの」=所有物にはならないことから、戸建てを購入した方がましなのでは?という考えを持つ方が多く、近年では住宅ローン減税や住宅ローンが低金利ということもあり、比較的戸建て住宅を購入することができる状態となっています。

確かに、住宅ローンの支払いが完了すれば、完全に自分達の所有物となるわけですが、ただ戸建てを購入することになると、賃貸では考えられなかったような、様々な制約などが付いて回りますし、賃貸なら簡単にできていたものが、戸建てになった途端に簡単に行うことができないといったこともあります。


では、賃貸に住むことにより、どのようなメリットがあるのか?可能な限り取り上げてみると…


1)住み替えが気軽にできる。

●転勤族の方は、賃貸アパートの方がメリットが大きい。エリア・家賃などから好きな賃貸アパートに入居できる。

●結婚、出産などのライフスタイルの変化が生まれた時、気軽に住み替えができる。

●家賃の支払いがきつくなった時、気軽に住み替えが可能。

●万が一、入居者トラブルや騒音トラブルに巻き込まれてしまい、解決が難しくなりそうな場合があっても、賃貸物件は沢山あるので、すぐに希望部屋を見つけることができる。

●大手管理会社に入居していて、管理会社が管理している別の部屋に住み替えを行った場合、仲介手数料が無料になる可能性がある。



2)住居費の支払いを気にしなくてもいい。

●賃貸ではなかった「固定資産税」「都市計画税」「修繕積立費」等を気にしなくてもいい。

●設備などが故障した場合、自分達で対応・修理費用を出さなければならない。

●収入などが減少した場合、簡単に引越しなどをすることができない。

●火災(地震)保険は年々上昇しているので、家計を圧迫させてしまう可能性がある。



3)リスクを考えなくてもいい。

●戸建て住宅において、隣家からの騒音トラブルが発生した場合、自分達で対応しなければならない。

●自然災害が発生し、半壊以上の被害が発生しても、保険金が出ても前と同じような自宅ができる保証はない。また、再建までに時間がかかり、自宅が完成する期間中は再度、賃貸生活暮らしとなり、面倒になる。

●住宅ローンの支払いがショートしてしまった場合、最悪自宅を売却しなければならず、また売却できたとしても、住宅ローンが完済できない場合もある。

●住宅ローンが支払えず自己破産してしまった場合、クレジットカードの発行や、車のローンなどが組めなくなってしまう



賃貸探しの際、参考にして頂ければ幸いです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#賃貸生活

0回の閲覧0件のコメント