家賃値下げ集客をしていると、今後厳しい経営状態となってしまいます。


こんにちは。


空室対策の一環として、やむを得ずに「家賃値引き」行ったオーナー様もいると思います。

家賃値引きは、空室対策としても最後の切り札的なもので、これを行うと、SUUMO等の不動産賃貸物件検索ポータルサイトでは、すぐに反応が出てきて、早ければ翌日には反響などが入ることも、決して珍しいことではありません。



家賃値下げを行えば、集客力が確かに向上します。


ただ家賃を値下げして入りたい方の中には、隠れクレーマーや質が悪いお客様も紛れ込んでしまっていることがあり、実際に家賃値下げを繰り返しているような物件にご入居されている方の一部は、モラルが守れない方や、警察車両がアパート敷地内に停まっていることも珍しくはありません。


ただこの程度ならばまだいい方です。


家賃値下げをしている物件で一番問題なのは

家賃滞納を繰り返しているような人が入居してしまうこと




大手管理会社が管理している物件においては、入居時に「家賃保証会社」に加入することを必須としている所が殆どとなっています。

家賃保証会社にご入居者様が加入することにより、連帯保証人の役割を担ってくれるだけでなく、万が一家賃が遅れた場合、一時的に家賃の立替をしてくれることが最大のメリット。




ただ、家賃を値下げしているような物件で、家賃保証会社を使っていた場合、保証会社によってはお客様情報を保証会社通しで情報共有することができることから…

入居自体を断るケースがあり得ます。



家賃保証会社の中には、家賃滞納を繰り返している/強制退去になった経歴がある方であっても、審査を通してしまう会社も実際にはあります。

ただし、過去に家賃滞納を繰り返していた人の中には、また家賃滞納を繰り返すことも予想ができ、この場合被害を被るのは審査を通過させた家賃保証会社ですが、家賃滞納で退去となってしまうと、オーナー様にとっても安定的な経営ができなくなってしまうといった恐れが出てきます。



家賃が滞納してしまう原因は人それぞれ異なります。

事前に管理会社に相談をして頂ければ、公的貸付のご案内、収入に見合ったお部屋への住み替え提案などができ、家賃滞納額をこれ以上増やさない方法を検討してくれますが、家賃滞納率が増え裁判に移行する件数が増えて言った場合、入居審査が今まで以上に厳しくなっていくと予想されます。また家賃保証会社に支払う保証料に関しても、このままの状態(家賃滞納率が上昇すると)保証料の値上げをしてくる保証会社が出てきてもおかしくはありません。



家賃値下げを安易にしてしまうと、結果的には賃貸業界全体に悪影響を及ぼすことにもなりますので、慎重に考えるべきではないでしょうか?



#家賃値下げ #家賃保証会社




1回の閲覧