弊社のリノベーションが支持される理由とは?


こんにちは。


不動産賃貸業において、一番のネックと言えば、ご入居者様の室内の使い方にもよりますが、おおむね5年以上経過すると、壁紙をすべて新しいものに交換をしなければならないことです。

室内の広さにもよりますが、壁紙を全て張り替えるだけでも、数十万円程度の費用が掛かります。

壁紙を交換すると、室内の印象が良くなるものの、近年では不動産賃貸物件数が飽和状態となっていることから、通常の集客(不動産賃貸ポータルサイト)では、なかなか成約に結び付けることが難しい場合もあります。



賃貸物件を所有しているオーナー様や管理会社様にとって、退去リフォーム・リノベーション完了後、できる限り空室期間を短くし、長期入居を目指し、退去リフォームは最小限に抑えたいと、常日頃から考えているとは思いますが、ただ壁紙に代わるものはなかなかないので、やむを得ず使っているといったところではないでしょうか?





弊社のリノベーションは、他社との徹底した差別化を図る部屋作りを目指し、リノベーション後の資産価値をできる限り維持できる部屋をご提案させていただいていますが、実は退去リフォーム費用の中で一番費用が掛かりやすい「壁紙」に代わる新しい材料を使用すれば、ランニングコストが長期的に抑えられるので、オーナー様や管理会社様にとっては利点が多いと思われます。



弊社所有物件では、壁紙に代わるある材料を室内に導入しています。

詳細については、有償コンサルティングをお申し込みの時にお話しさせていただきますが、この材料は、最初の施工時の単価は、壁紙よりは高いものの、壁紙より経年劣化を抑えることができるので、長期的な視点で見た場合、ランニングコストが抑えることができるので、退去リフォーム・リノベーションをする際、経費圧縮をすることができます。



またこちらの材料を使用することにより、壁紙より自然光を反射させる力が強いので、日中は電気をつけなくても十分明るいので、節電が期待ができ、ウイルスや細菌の増殖を抑制する効果が期待できることから、新型コロナウイルスの影響による新しい生活様式にも合致することから、特に子育て世代のお客様から支持される可能性が高くなります。



リノベーションをする際、できる限りコストをかけないことが求められますが、弊社のリノベーションの考えは、コストを抑えつつもお客様が譲れない/欲しい部分に関しては、積極的に資金を導入するべきであると考えます。



弊社のある材料を使用したリノベーションは、多くの賃貸物件ではまず採用されないものなので、この材料を使用したリノベーションを行えば、確実にエリア内においてリーダー的賃貸物件になることは間違いありません。



#リノベーション #賃貸 #資産価値



13回の閲覧