日本一空室率が悪い山梨県において、満室が実現できた要因とは?


地方都市にある賃貸物件は、人口減少・戸建て住宅住替えなどによって、空室率が深刻化となっています。


弊社所有物件がある山梨県は、日本一空室率が悪く「賃貸単体では約3割は空き部屋」であると言われています。


このような話をしてしまうと、競争力が低下した築年数が経過している物件は「家賃値引き」等をしなければ、入居してもらえないのでは?と、思うオーナー様も多いと思いますが、実はそれは通常の集客をしていた場合の出来事であり、別のアプローチから募集を行うことによって、築古物件でも満室にすることは、十分可能です。



1.賃貸サイト上では、築古物件は圧倒的に不利

賃貸サイト上では、お客様が「好きな条件を自由に入力」することができ、希望条件に全て合致している物件が掲載されてくるので、その結果「エリアがいい物件」「築年数が浅い物件」ならば、賃貸サイト上においては有利になる一方、築年数が経過している物件の場合、古い物件に入居したいと考える方より、家賃を抑えたいと考えている方の方が多いことから、築年数が古くなってくると、どうしても「価格競争」になりがちになります。



さらにエリア内にある競合他社物件において「家賃値引き」をしかけてくると、それに追随してくるので、その結果「家賃相場そのものが値崩れ」してきますので、こうなってくるともはや家賃相場すらも当てにならないぐらい、市場がめちゃくちゃになってしまいます。



2.脱賃貸サイト集客のメリットとは?

脱賃貸サイト集客のメリットとは?

賃貸物件を探される場合、賃貸サイト系のポータルサイトを活用される方が多いと思われますが、実はそういうわけでもありません。


賃貸物件検索をする場合、基本的には「地名+賃貸」といった検索をされますが、博報堂が調べた所によると「20代はブラウザ検索者の半数が、同時にTwitterなどを使用している」ことがわかったとのこと。



20代というと、賃貸市場においては「賃貸物件を最も借りてくれる年代層」と言えますが、現実的には「大手管理会社などでは、SNS集客に対して、あまり対応をとっていない」ことから、この分野に関してはまだまだ遅れをとっているのが現状です。


つまり、今までの賃貸集客は「賃貸サイト」が、圧倒的に支配していたものの、SNSの普及によってその牙城を崩すことができる点においては、SNS集客に力を入れることによって、家賃や築年数で物件評価を受けにくくなることから、築年数が経過している物件でも、しっかりとリフォームなどが行われていたら、十分勝負することができると思われます。



3.物件専用HPを開設すればいいのだが…

賃貸物件を探されている方は、Googleなどで「地名+賃貸」といった検索ワードで検索し、1ページ目上位に出てくるのは「大手賃貸サイトのページ」であるので、どうしてもお部屋探し=大手賃貸サイトを活用される方が多くなってしまいます。


これは予算が必要になってくるのですが、もしある程度の費用を出せるのであれば、物件専用HPを開設することをおススメします。


物件専用HPを作ることによって、家賃や築年数で物件判断されることはなくなりますので、募集している部屋がお客様のニーズにあっていれば、早期に問合せや見学、ご成約につなげることができるのですが、ただHPを開設しても「SEO対策」をしっかりしなければ、上位掲載することは難しく、また1ページ目に物件HPを掲載するのには、時間がかかるので、ある意味において覚悟を決めた方でないと、なかなかお勧めすることはできません。



4.まとめ



弊社所有物件は、築28年目を迎える2LDK~3LDK賃貸アパートであり、また日本一空室率が悪い山梨県に物件があるのですが、実は物件独自HP開設+SNS・SEO強化したことによって、ご契約者様の約8割強は、物件公式サイト経由からのお問合せで、しかも弊社物件の家賃は「家賃相場より高い家賃設定」にしているものの、家賃が高いから安くしてほしいとお願いされたことは、殆どない事から、安定した賃貸経営を行うことができました。


余談ではありますが、弊社物件において賃貸サイトからの反響は「ほとんどない」ことから、おそらく賃貸サイト上において、閲覧件数を増やすためには「家賃値下げをしないと難しい」と思われます。


ただ、弊社物件を知ったきっかけの大多数は、実はSNSが殆どでしたので、SNS集客をするだけでも、ある程度の効果は十分期待できます。



0回の閲覧0件のコメント