空室対策として、室内空間をおしゃれにするホームステージングは、価格競争に陥りやすい。


こんにちは。


賃貸物件で空室が発生してしまうことは、空室期間中は家賃が一切入ってこないので、機会損失となり、賃貸経営にとって一番避けなければなりません。


ですので空室対策は常日頃から考えなければならないことといえます。


最近の賃貸業界の空室対策の一環として、募集をしている部屋に家具などを配置して、物件の魅力を引き立たせる=目を引く写真を不動産賃貸物件検索ポータルサイトに掲載することにより、問合せ件数をアップさせる手法=ホームステージングをする物件が増えてきました。



おしゃれな家具などを募集部屋に置くことにより、入居後のイメージが立てやすく、また案内した際も、効率良い説明ができることから、成約率が上がることが予想されます。



ただし、この手法。

集客媒体を不動産賃貸物件検索ポータルサイトのみで行った場合、家賃を下げなければ、検索画面上に残らないことが多いことから、家賃を値下げすることをあらかじめ理解したオーナー様でしか難しいと思われます。(最低でも相場家賃並みにすることが求められます)


家具などを空き部屋に配置する時、素人では準備や後片付け、また家具などを常に補完しなければならないことから、当然ではありますが専門業者に依頼してお願いするのが一般的。


実は弊社所有物件においても、一度専門業者さんにお願いをして、ホームステージングを行ったことがありましたが、結果は価格帯が相場より高い(もともと家賃を値下げする考えはない)ことから、検索ヒット数もそれほど伸びることができず、また家具などは基本的には写真撮影などをしたらすぐに撤収してしまいますので、追加料金を支払わない限り、お客様がご案内をされた時に、家具などがないので、お部屋のイメージをつかむことが難しいと思われます。


ホームステージングはお部屋の価値と魅力を引き立たせることを目的にしているのに、家賃が相場並みでは、結果的には物件の資産価値は高くなっていない証拠ですし、もしエリア内の他社物件において、ホームステージング+家賃値下げを断行したら、もうお手上げ状態になってしまうことは、誰の目から見てもわかること。



ホームステージングをすること自体は、ものすごくメリットがあると考えていますが、室内空間の居住性や快適性の部分について、他社より優れていることをウリにした方が、PR活動とすればものすごく訴求効果が期待できるのではと考えます。



#ホームステージング #空室対策



1回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

© 2020 賃貸 空室コンサルタント 有限会社 山長

お気軽にご相談ください
 

055-241-2218

yamanashi/Japan