空室対策の本質とは、長期入居にあり。


賃貸物件を所有している以上、空室は絶対的に避けられません。

最近の空室対策は、お部屋にお金をあまりかけずに、おしゃれな家具などを置くホームステージングが主流となっていますが…


はっきり言います!


室内対策を全く行わない物件は、入居後必ずクレームが来る確率が高くなりますので、結果的には長期入居が難しくなります。


空室で悩んでいるオーナー様にとって、空室期間が伸びてしまうと、その期間内の家賃は一切入金されないことから、できる限り室内リフォームやリノベーションにはお金をかけたくはないと思う気持ちは、決してわからないわけではありませんが…


築年数が経過した物件は、新築物件と比べれば、居住性の部分において「確実に劣る」ことは明白。この部分に関してしっかりと対応しないままで、成約を急ぐあまりに「ホームステージング」をしても、客付けには成功しても、長期入居が難しくなったり、場合によっては「隠れ家賃滞納者」「隠れクレーマー」が入居してしまう恐れがあり、この様なお客様が入居してしまうと、物件評価及び管理の質は確実に下がってしまいます。



近年では、入居時に家賃保証会社に加入することを必須としている物件が多くなってきて、仮にお客様が家賃滞納されても、保証会社が家賃補填をしてくれることから、オーナー様にとっては損をしないように思えますが、ただ管理会社においては、たとえ家賃保証会社が滞納家賃を立て替えてくれたとしても、滞納に関してはとてもシビアに感じていて、滞納が繰り返されるような物件は、正直言って収益性があまりないと考えているので、場合によっては管理委託契約を解除される可能性もあります。



長期入居、お客様の質を上げるためには、やはりある程度の室内環境は整えるべきであり、一部分においてもリフォーム・リノベーションは行うべきです。


#リノベーション #空室対策


0回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Twitter

© 2020 賃貸 空室コンサルタント 有限会社 山長

お気軽にご相談ください
 

055-241-2218

yamanashi/Japan