空室対策を強化するためには、脱・賃貸サイトで集客するしか方法はありません。


地方都市においては、賃貸物件の空室率が深刻化になっています。

今までは「家賃を値下げ」すれば何とか成約につながるケースが多かったものの、新規賃貸物件供給数は依然として多く発生している以上、空室率はどんどん悪化する一方となるので、家賃値下げしても、それが成約につながるとは言い切れなくなってしまっています。


どうしてそんなことが言い切れるのかというと、現在の賃貸市場においては「賃貸サイトでの募集・集客」に依存しているので、エリア内にある競合物件のひとつが「家賃値下げ」してしまうと、それに追随してしまう傾向になってしまうからです。


供給物件増加によって、必然的に競争力が低下した物件では、空室率が増加傾向となるので、空室を埋めるべく「家賃値下げ」を断行するものの、賃貸サイトにその情報がアップされれば、競合他社物件も同じことを行うのは必然となることから、家賃相場が信用することができなくなるばかりではなく、仮に入居が決まったとしても、入居者の質が悪いことが予想されるので、家賃滞納や入居者トラブルといった新たな問題が発生してしまいます。



空室対策をしたとしても、空室率が増加している現在では、やっても無駄な雰囲気が醸し出していますが、ただ空室対策をしっかり行っている物件では、今後大空室時代になったとしても、生き残ることができますが、大手賃貸サイト頼みの集客をするのは、かえって危険です。


賃貸サイト上においては、上記のような検索システムが確立していることから、特に築年数が経過した物件では、家賃を落とさなければ「掲載画面上に残る」ことも難しくなります。


そこで弊社がおススメするのは、オーナー様ご自身で集客をされてみることです。


今の時代は、スマートフォンを各自が所有しているのが当たり前であり、何か調べたいものがあれば「Google検索」をする癖がついてしまっていますよね。


実は賃貸物件を探している方も、最初は「Google検索」等を行っている可能性が非常に高いのですが、もしGoogle検索をしてご自身の物件がすぐに掲載されていたら、お部屋を探している方は「興味」を持ってもらえる可能性が出ていますよね?



一番の理想は、オーナー様が独自で物件専用HPを開設することですが、ただHPを開設するためには、それなりの費用が発生し、また時間もかかりますので「言っていることには理解できるものの、開設は難しい」という方が多いのではないでしょうか?



実はHPと同じぐらい効果が期待できるものとして、SNS集客があります。

SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービスの略(Social Networking Service)の略語で、登録された利用者同士が交流できる「ウエブサイト」の会員制サービスのことで、SNSといえば、Twitter・Instagram・YouTubeが有名ですよね。


2020年版情報通信白書によると、国内におけるSNN利用率は2019年には約7割となってることがわかり、SNSというと若い世代が利用しているイメージが強いのですが、ただ近年においては中高齢者の方達も、積極的にSNSを日常生活上において利用していることから、もはやSNS=若い世代が利用ているとは言い切れなくなってきています。



これはどういうことを示唆しているのかというと、SNS上において物件情報を掲載(ハッシュタグをつける)ことによって、ハッシュタグ検索をした方がその情報を見てもらえる確率が高くなる=少なくとも興味を持っている確率が高くなるので、空室対策のツールとしては、ものすごく強力な武器となります。


SNS集客のメリットは、「築年数」「家賃」検索画面がないので、ダイレクトに情報が岳さんできる点。特に築年数が経過している物件で、退去リフォームやリノベーションをしっかりと行っている物件は、SNSで物件情報をあげることによって、興味を持ってもらえる確率が高くなることから、成約期間の短縮も期待できます。







0回の閲覧0件のコメント