管理会社が行う入居審査。これからは厳しくなる見込み。


こんにちは。


賃貸物件に入居する際、どの物件であっても必ず「入居審査」を行います。

最近の賃貸物件では、お客様が万が一家賃滞納した場合、滞納分を補填してくれる「家賃保証」がついている家賃保証会社に保証料を支払うことを必須としている所が多くなってきました。


ですので、入居審査の流れでいうと「家賃保証会社」審査→「管理会社」審査を経て、晴れて入居が認められることになります。


家賃保証会社が入居審査の際、確認するポイント

・勤務先、年収が家賃が支払える能力があるのか?

・過去に滞納歴、強制退去になった履歴があるのか?


管理会社会社が入居審査の際、確認するポイント

・勤務先、年収が家賃が支払える能力があるのか?

・過去に滞納歴があったのか?

・入居希望者の人柄



最近ですが、家賃を滞納される方の割合が、徐々に増えてきています。

今年は新型コロナウイルスの影響などにより、職種によっては休業状態になってしまった方も多かったので、緊急事態宣言が発令中は「家賃支払いに関する相談件数」が非常に多く、中にはオーナーさんにお願いをして、契約期間内ではありましたが、特例という形で、家賃減額をしてもらった方もいるとの事でした。



ただ一部の方ではありますが、家庭の事情により家賃が支払い能力がなくなってしまった方や、故意に家賃を支払わない方が若干数ではありますが、増えてきているとのことです。



家賃保証会社では、家賃が3か月滞納すると、自動的に裁判手続きに移行します。

賃貸借契約上においても、契約上における債務(家賃)支払いを3か月以上怠った場合には、オーナー様はご入居者様に対して『事前通知催告』をしなくても、契約を解除することができると記されています。(弊社賞物件を管理している管理会社)


裁判に関する一切の手続きは、すべて家賃保証会社が行い、強制執行後の家賃滞納・退去費用に関する債務も同会社が肩代わりするのですが、ただ家賃回収ができる見込みがない場合(無職/貯金がない/金銭に代わるような家財道具などがない)は、同会社が泣き寝入りするとのこと。

もし家賃滞納件数が今後増えていくと、当然現在の保証料では支出を抑えることができないので、将来的には値上げをする可能性が高くなるのではと、管理会社の担当者が話していました。




また家賃滞納があると、その対応に追われてしまう管理会社においても、今後家賃滞納リスクを減らすため、入居審査を今まで以上に厳しくする方針になると思われます。


例えば、家賃保証会社の審査では合格基準に達していた収入の部分においても、管理会社の審査ではギリギリの方に関しては、場合によっては審査を通さないこともあり得ますし、また家賃保証会社の審査で分かった「家賃滞納歴」があるお客様に対しては、一発で落とす確率も高くなると思われます。



入居審査が今後厳しくなってしまうと、築年数は一切関係なく、多くの物件で入居審査で落ちる方が増えていきます。


収入の部分で足りない場合は、連帯保証人をつけることを条件で審査を通すことはできると思いますが、過去に滞納歴がある方は、管理会社では信用できないと判断して、審査が通りにくくなります。


ですので、もしかすると今後、審査で落とす人の割合が今までより増えていくことが予想されますので、入居率の部分において影響が出てくるかもしれません。



#入居審査 #家賃滞納


1回の閲覧