管理会社の気持ちに応えることができれば、客付け強化につながります。


こんにちは。


賃貸経営を続けていくためには、物件を管理している管理会社と、客付けの最前線にいる仲介会社との関係性を良好に保ち続けなければなりません。


ただ、近年では地方都市を中心に「物件供給数過剰」が続いていることから、エリアによっては空き室が深刻化となっている場合もあり、今年発生した新型コロナウイルスでは、リモート会議を政府が推奨したことから、特に新入社員や新入生(大学一年生)は、会社や学校の近くに部屋を借りなくても十分対応できることから、契約期間が十分余っているにも関わらず退去される方が増えてきているとの事。



空室期間を一日でも早く解消させることを前提に、管理会社では様々な提案をオーナー様にしていますが、ただ弊社物件を管理している管理会社の担当者の話を聞くと、管理会社サイドは空室解消目的の提案をしているのに、オーナー様がなかなか納得されていないケースが多いとのことです。


管理会社の担当者は、常にあらゆる現場(新築~築年数が経過した古い物件まで)を見ているので、空室が中々解消されない理由は、ある程度理解することができます。


そこで、管理会社では空室を解消すべく「リフォーム」「リノベーション」のご提案(費用に関しては相談に応じているとのことです)をするわけですが、ただオーナー様サイドとすると、「空室発生による損失が大きい+リフォーム費用の負担増+本当に成約ができるのか?」といった不安が先行してしまい、なかなかリフォームに踏み込めない方が多いとのことです。



お客様が望んでいるような部屋でなければ、当然ではありますが、成約に至ることはできませんし、物件供給数過剰な状態が続いている昨今では、昔と比べると家賃を値下げしてもすぐに決まるようなことはなかなかないので、結局室内も客付けも中途半端な結果となってしまい、ますます空室期間が長くなってしまいます。






一方で、室内がきれいで内装や設備が一新された部屋は、お客様はもちろんですが、案内をする仲介担当者のテンションも高くなりますので、お客様に物件の魅力をしっかりとお伝えすることができれば、早期に成約できること間違いありません。


これは弊社所有物件を管理している、管理会社の仲介担当者から直接聞いたことですが、当物件のエリア付近で部屋を探されている方が、たまたま飛び込みで来店された時、当物件のことを猛烈にPRし、お部屋案内に成功し、室内がお客様の好みだったということで、1回のご案内で成約につなげることができました。




弊社所有物件は、コロナ禍の状況にも関わらず、収益改善目的(家賃を今までと比べて5~10%UP)としたリノベーション部屋は、緊急事態宣言の影響もありましたが、今年の7月には全て成約となり、今週新たなリノベーション部屋を募集開始しました。


現場を案内するのは、不動産仲介会社。

不動産仲介会社の担当者全員が「喜ぶ」部屋であれば、必ずオーナー様の期待に応えてくれるはず。お客様が笑顔になれる部屋を作ることが、満室経営には欠かせないものであると考えます。



#管理会社 #仲介会社