費用をかけなくても誰でも簡単に顧客満足度を高められることができる方法とは?


賃貸物件における空室対策と聞くと、室内リフォームやリノベーションがどうしても浮かんできやすいものですが、ただ室内をおしゃれにリフォーム・リノベーションしたとしても、ご入居されたお客様が「長期入居」してもらわなければ、費用の回収に影響が出てしまい、場合によっては「赤字」になってしまう可能性があります。



ご入居されたお客様が「長期入居」して頂くためには、物件における顧客満足度を高めなければなりません。


実は空室対策コンサルタントをしている方の多くは、お客様に契約してもらうことを重点的にコンサルしていますが、契約と同じぐらい重要なのが、顧客満足度。



ただ顧客満足度を高めたいと思っても、賃貸においては正直難しいのではないかと思うオーナー様は多いのではないでしょうか?


実は賃貸物件にご入居されている方の多くは、ある設備に対して不満を感じていることが多いのですが、その設備とはプロパンガス。



地方都市においては、都市ガスが普及していないエリアもあることから、新築物件においてもプロパンガスを設置している所は未だに多いです。


都市ガスと比べてプロパンガスは、ガス単価が高く、またガス単価及び基本料金(ガス契約した時点で発生する費用)は、ガス会社が自由に価格を決めることができることから、ガス単価が安いところと高いところの際は2倍ぐらい違う所もありますが、ご入居者様が仮に「ガス単価が高すぎる」とガス会社や管理会社にクレームを言っても、ガス料金に対する交渉は、物件を所有しているオーナーさんでしか対応することができません。



ただ現場にあまり出ていないオーナーさんにとって、ご入居者様のガス単価は正直それ程興味がないもの。一方でご入居者様にとっては、ガス単価が安くなれば、特に需要が多い冬場のガス料金が安くなるので、家計的にも助かりますが、この部分について、空室コンサルタントの方は、どうすれば安くなるのかといったレクチャーはされてはいません。


実はガス料金を安くする方法は2つあり、1つ目はズバリ、ガス会社を変えることです。



プロパンガスは、都市ガスとは異なり、ガス供給会社が自由に価格を決めることができますが、ただ近年ではガス会社における競争が激化しつつあることから、1つの契約で数十件分のガス料金が取れる賃貸アパートは、ガス会社にとっては「楽して稼げる」こともあるので、出来ることならば自分達のガスを使ってほしいと考えています。


そこで、ガス料金を今までと比べて値下げをしてもらうことが可能ならば、ガス会社切替えはメリットがありますが、実はさらにガス料金を値下げする方法があります。


弊社ではある方法をとることによって、弊社所有物件のガス料金は、おそらく地域でも最安値と言っても過言ではなく、ガス供給会社の話ではガス単価を値下げしたことによって、年間5000円は節約できるとのことです。



地域でも一番安いガス料金であると、お客様にお伝えすることができれば、当然ながら物件に対する評価は高まり、長期入居して頂けますよね。



弊社が提案させてもらった2点は、全て無料でできることばかり。

もし入居者様からガス料金が高いと言われた場合は、一度現在使っているガス会社に相談してみてはいかがですか?


#空室対策 #ガス会社



0回の閲覧0件のコメント