賃貸で雨漏りした場合。だれの責任になるの?


賃貸物件で雨漏りを経験されたことはありますか?と聞かれても、建物メンテナンスがしっかりされている物件ならば、基本的に発生するようなことはありませんが、ただ自然災害などがあった場合、もしかすると発生してしまう可能性も否定はできません。


では、もし雨漏りが発生した場合、全額オーナーさんが修繕費用を支払ってもらえるのかというと、お客様が支払わなければならない場合もありますので、注意が必要です。



オーナー負担となる場合は、基本的にお客様に過失がないケースであることが認められた場合のみ。


例えば台風などが発生した場合、場合によっては建物に損傷を与えてしまう可能性が高くなり、その結果雨漏りが発生してしまうようなことはありますが、この様な自然災害などが理由により、お部屋が雨漏りしてしまった場合、オーナーさんが修繕費用を出しますので、お客様が費用負担されることはありません。


もし、雨漏りなどが発生してしまった場合には、管理会社などに連絡していただく事はもちろんですが、雨漏りした個所を写真でとっていただき、管理会社にデーターを送って頂くと、対応がしやすくなりますので、もし可能であるならば現場写真も送って頂けると助かります。


管理会社からの報告ですが、築年数が経過した一部の物件では、ベランダの床が劣化してしまうことがあり、雨漏りが発生してしまって、階下のベランダに雨が落ちてくる場合があるとのことです。もしこのようなケースが発生した場合でも、劣化が原因なので、オーナーさんが修繕費用を負担してくれます。




お客様の過失により、雨漏りを発生させてしまった場合、お客様の責任において修繕費用が発生しますが、家財保険の対象になる場合もあります。



お客様の不注意によって、室内が水浸しになってしまい、その結果「階下のお部屋」の家財や壁などに損害を与えてしまった場合、これは全額お客様の責任となってしまいます。


基本的にお客様の過失によって発生させてしまった損害に関しては、保険対象外になってしまいますが、ただご入居の際必ず入って頂く「家財保険」のオプションをつけてもらうことにより、お客様の過失による事故に対しても、保証対象内となる場合があります。



詳細は管理会社または、保険会社までお問い合わせください。



#雨漏り #修繕費用



5回の閲覧0件のコメント