賃貸の固定費、簡単に節約できる方法。


こんにちは。


賃貸物件を所有されているオーナー様にとって、毎月必ず支払わなければならない「固定費」はできることならば、節約したい所。


賃貸経営は、入居されている時は「家賃」が入金してくるので、安定経営をすることができますが、一括借り上げではない物件においては、退去後のリフォーム費用や10年に1度訪れる「大規模修繕」など、意外に高額な費用が発生してしまうので、出来ることならば毎月の経費は抑え、浮いた費用を貯蓄してリフォームや大規模修繕資金に回したいですよね。



毎月発生する固定費の支払いの中で、すぐにでも節約できるのが、アパート外灯や共用廊下などの電気代。

2016年4月から、電力自由化になって以来、様々な電力会社が生まれましたが、電力会社の中には、電気契約をする時に必ず発生する「基本料金」が無料となる会社や、従量単価が今までと比べると安くなっている所もあるので、電力会社を切り替えるだけでも、コストカットは容易にできます。


特におススメなのが、賃貸物件の屋根に「太陽光パネル」を設置している所。

太陽光パネルを設置することにより、従量電灯が異なるので、月々の電気料金が高くなってしまうのですが、電力会社を変えただけで、毎月の電気料金を節約することが可能となります。


弊社所有物件では2013年に、太陽光パネルを設置したことから、従量電灯が切り替わり、それまでの電気代と比べて約2倍くらい電気料金が発生していました。


ただ、電力会社を変えただけで、半値以上の金額までコストカットすることができ、毎月数万円節約することができました。



電力会社を変えるだけで、簡単にコストカットができれば、オーナー様にとってはとてもうれしいことですよね。もし現在電気料金が高いなと思っているオーナー様は一度、電力会社を見直してみてはいかがですか?



#電気料金


1回の閲覧