賃貸キッチン・換気扇の油汚れが取れない場合、退去時に追加費用が発生してしまう可能性があります。


賃貸物件では、退去時に原状回復に戻さなくてはなりません。

わかりやすく言うと「入居前と同じ状態に戻してください」という意味ですが、ただ長期間入居していれば、日焼けなどが発生しているので、原状回復に戻すことはほとんどできません。


もし原状回復に戻すことができない場合には、修繕費用が発生しますが、原則的に「経年劣化が原因」と思われるものに対しては、貸主(オーナーさん)が費用負担をし、一方「故意過失による破損や汚損」によるものに対しては、借主負担となります。



日常生活を送っていく中で「キッチン」は、どうしても汚れてしまいがちになるので、後片付けの際に掃除をしなければ、キッチン周りが汚れてしまい、料理をしたくはないような環境となってしまいますが、もしキッチン周りや換気扇掃除を怠った結果、退去後に行われる「室内クリーニング」において、通常では落としきれない汚れなどがついていると、追加費用が発生する可能性が高くなりますので、注意が必要です。



退去後に、室内クリーニングを実施します

退去後、次の方に部屋を貸すための準備として「室内クリーニング」を行います。

室内クリーニングとは、室内の設備や床などを、清掃業者さんがきれいに掃除をしてくれるもので、普段の掃除では中々落としきれない汚れについても、業者さんがきれいにしてくれるので、見違えるぐらい室内がきれいになります。


普段から掃除をされている部屋の場合、借主の方から頂戴する「室内クリーニング費用」だけで十分きれいになりますが、掃除を怠けていた方の部屋では、当然汚れが目立っていて、特にキッチン周りは、ものすごいことになっています。


業者さん達は、たとえ汚れていたとしても、頑張ってきれいに掃除を行いますが、どう頑張っても汚れが落ちない場合には、特殊の洗剤を使わざるを得なくなり、もしこのような状態になってしまうと、借主の方から頂戴した室内クリーニング費用だけでは「足りなく」なるので、追加費用を請求することがあります。



通常の掃除では落としきれない汚れは、善管注意義務違反となります


キッチン周りや換気扇は「油汚れ」が結構目立ってくることから、定期的な掃除が必要となります。特に換気扇はキッチンの上に設置されていることから、掃除がしにくいことから、ついさぼってしまいがちになります。


しかし、たとえ理由があったとしても、掃除をしないことによって「特殊洗剤を使用しなければならないほど」の状態にまで悪化させた行為は、賃貸借契約上における「善管注意義務違反」となり、追加費用を請求することができる可能性があります。



簡単でもいいので、定期的な掃除は忘れずに!

賃貸物件のキッチンパネルは、掃除がしやすい「不燃化粧板」を貼ってあることから、簡単な拭き掃除をするだけで、油汚れをふき取ることができますが、問題なのは「換気扇掃除」ではないでしょうか?


換気扇は、ある程度分解することができますので、可能な範囲内で結構ですので、掃除を行ってください。ホームセンターなどに「油を浮かせる洗剤」等が販売されていますので、それらを有効活用して頂くか、または有料になってしまいますが、プロの業者さんに頼むというのもいいと思います。


通常の賃貸退去時における「退去精算」において、賃貸キッチン及び換気扇の部分に対する室内クリーニング追加費用が発生することは、殆どありません。これは普段から借主の方が、きれいに掃除をしているからであり、掃除をしっかりとされていれば、まず請求されることはありませんのでご安心ください。




1回の閲覧0件のコメント