賃貸入居審査が緩い。この意味に隠されていることとは?


賃貸物件に入居する際、必ず入居審査が行われます。

入居審査を行う最大の理由は、入居希望者が入居後しっかりと家賃を支払える能力があるのか、また入居希望者が借りる部屋をしっかりと使ってもらえるかどうかを、総合的に見て判断します。


入居審査に関しては、管理会社によって判断基準が異なりますので、審査が厳しい会社もあれば、当然ながら緩い会社もあります。


審査される側としてみたら、できる限り「緩い」ほうがいいに決まっていますが、ただ賃貸業界において「審査が緩い」物件というのは、正直な所入居後トラブルに巻き込まれる可能性が高いことを示唆しています。


目 次

1.入居審査について

2.入居審査が緩いという意味とは

3.入居審査に緩い物件に落ちてしまうと…

4.まとめ


1.入居審査について

大手賃貸管理会社物件が管理している部屋においては、契約時に管理会社が指定する保証会社に加入することを必須としているので、家賃保証会社の審査を必ず受けることになります。


保証会社は、主に3つの分類に分かれています。

・独立系:管理会社の子会社が運営している保証会社

・信用系:保証業協会に加入している保証会社で、信用情報を確認できる

・信販系:信販会社が運営している保証会社。審査は一番厳しいと言われている


審査の厳しさ的には、独立系<信用系<信販系と言われていて、信販系の保証会社においては、クレジットカード滞納や携帯電話滞納があると、一発で落とされてしまうので、審査が厳しいと言われています。


保証会社審査において、審査が一番緩いと言われているのが「独立系」の保証会社。

独立系の保証会社は、信用情報を確認することはしないので、過去5年間の間に「家賃滞納」「強制退去歴」「クレジットカード滞納歴」があったとしても、自社物件において滞納履歴などがなければ、入居審査で落ちることはない事から、審査が緩いと言われています。



2.入居審査が緩いという意味とは

入居審査が緩いという意味とは

入居審査が緩いということは、過去に他社物件において「家賃滞納」「強制退去」「クレジットカード滞納」などがあり、入居することができない方などが、入居してくることになるので、場合によっては「入居後トラブルを引き起こす人」が入居してきやすくなりますので、特に注意が必要なのが、家賃が安い物件です。


問題を引き起こす方は、ごく一部の方のみではありますが、通常の物件と比べると、問題行動を起こしやすいと言っても過言ではありませんので、もし審査に緩い物件に入居する場合には、家賃が安い/安すぎる物件は避けた方が無難かもしれませんね。



3.入居審査に緩い物件に落ちてしまうと…

入居審査に緩い物件に落ちてしまうと…

入居審査に緩い物件において、家賃滞納などをしてしまうと、残念ながらお客様が希望される物件には、入居することができない恐れが出てきます。


過去に家賃滞納などがあると、保証会社及び管理会社のデーターベースに登録されてしまいますので、入居する事が難しくなります。入居審査が甘い物件というのは、正直な話、最後の砦的な感じになることから、ここで滞納などをしてしまうと、大手管理会社物件はもちろんですが、街の不動産屋さんが管理している物件でさえも、保証会社を利用していることから、入居する事が難しくなります。


ごく一部ではありますが、保証会社不要物件もあるにはあります。

ただ短期間で退去した場合には、通常よい高い違約金が設定されていて、また設備的にも若干不自由を感じる場合もあり得ますので、ある意味覚悟が必要かもしれません。



4.まとめ


賃貸入居審査が緩いということは、それ相応なりの物件に入居する事を示唆するものであることから、あらかじめそのことは把握したうえで、入居するかどうかを決めるべきです。


3回の閲覧0件のコメント