賃貸入居審査で、在籍確認をされるって、本当なの?


賃貸物件に入居される際には、どのような方であっても「入居審査」は行われます。


入居審査とは、入居希望者(契約者)が家賃を支払える能力があるのか、また入居させるにあたって「人柄などに問題」がないかを、保証会社と管理会社(オーナー)が審査を行い、両方の審査に通過した人だけが、契約をすることができます。


仲介会社・管理会社の方針にもよりますが、原則的には、入居申込を行ったタイミングで、仲介担当者が契約者の方が勤務している会社に「連絡」することがあります。


一見すると「プライバシーの侵害」に当たるのではと、思われる方もいると思いますが、どうして仲介会社や管理会社では、わざわざ在籍確認をするのでしょうか?


目 次

1.入居申込書にウソがないか確認する

2.入居申込にウソ情報を書いても、バレる

3.まとめ

1.入居申込書にウソがないか確認する

入居申込書にウソがないか確認する

賃貸物件に入居する場合には、仲介会社が用意している「入居申込書」に必要事項を記入することになっています。


申込書には「現在の勤務先」「勤務先住所・電話番号」「年収」に関する部分もあるので、記入をして頂いた後、仲介担当者がお客様が記載された会社に「在籍確認」を行います。

(お客様には事前に、担当者から会社に電話をする旨を伝えています)


担当者が勤務先に連絡をし、本人が確かに在籍にしてることを確認し、さらに会社などが発行している「収入証明書」を提示して頂く事によって、確かに申込者(契約者)が、その会社に勤務していることを確認することができることから、過去に滞納歴があったり、また人柄や家賃支払い能力に問題などがなければ、入居審査に合格することができます。




2.入居申込にウソ情報を書いても、バレる

入居申込にウソ情報を書いても、バレる

記入して頂いた入居申込書をもとに、入居審査が行われます。

殆どの方は、入居申込書に「虚偽」申告することはないので、基本的には入居審査に落ちることはありません。


ただ、ごく稀ではありますが、入居申込書に「虚偽記載」をされる方がいますが、虚偽記載をしても、ウソを貫き通すことはできず、ほぼ100%の確率で入居審査に落ちてしまいます。


どうして、入居審査に落ちてしまうのか?


①勤務先が全く違う

入居申込書に記入した勤務先が「存在」してなく、よくよく調べてみると、全く違う会社の場合、仲介会社・管理会社では「お客様のことを信用することができない」と判断して、仮に所得があったとしても、入居を断る可能性が高くなります。


②アリバイ会社を利用していた

一般的に契約者が無職の場合、ケースバイケースではありますが、入居許可を出さない可能性が高くなります。ただし、すでに内定をもらっている/就職活動中などの場合においては、管理会社も入居許可を出すことがあります。


一方フリーターや水商売系の方達は、収入が安定していないとみなされることがあり、入居審査に落ちてしまう可能性があることから、一部の方は「アリバイ会社」を使って入居審査を受けることがあります。


ただ、アリバイ会社を使っていたとしても、仲介担当者との会話などで、話が食い違ってくること、また電話連絡をした際に「明らかに様子がおかしい」と感じた場合には、すぐに調べ、明らかに様子がおかしいと感じた時には、入居審査を通さないこともあり得ます。


③ファミリー物件なのに女性単独で入居する

これは仲介会社で実際に合った事例とのことですが、とあるファミリー賃貸物件に、女性単独で入居したいと連絡があり、入居申込を行ったとのことですが、その後担当者との話の中で、最初は女性単独で生活すると言っていたものが、同棲するから借りるに代わり、その後、担当者が「同棲される方も一緒に来店して下さい」と伝えても「忙しい」と一点張りで、最終的には水商売系のお仕事をされていたことがわかり、審査の結果入居を断ったとのことです。


ファミリータイプ物件に女性単独で入居する事は、今ではそれほど珍しいことではありませんが、担当者は常日頃から、お客様と接しているので「直感でおかしい」と感じた場合には、部屋の使用目的(一人で住むのか、複数人で住むのか)などを聞き出して、本当にお客様が言っていることがあっているのかを、審査します。



3.まとめ


入居審査では、「家賃をしっかり払えるか」「モラルを守ってくれる方なのか」審査しますが、入居審査においてウソ情報を伝えてしまったとしても、お客様との会話の中で「違和感」を感じた場合は、大抵のウソは見破られしまいます。


もし入居審査において、不利になりそうな事案がある場合には、素直に言っていただいた方が、状況よっては応援することが可能となりますので、ウソの申告だけは避けてください、



0回の閲覧0件のコメント