賃貸入居後にウソがばれてしまった!契約解除になるの?


賃貸物件に入居される際、入居審査が必ず行われます。

お客様の現在会社からもらっている給料で、家賃が支払えるかどうか、またお客様が「物件入居させてもふさわしい」かどうか訂正をした上で、入居許可を出すのが一般的です。



正直な所「入居審査」及び「入居時に必要な公的書類」(収入証明書など)を確認することによって、ウソをついていた場合「すぐにバレてしまう」ので、その時点において、入居審査に落ちてしまいますが、ごくまれに「審査が通ってしまい」契約に至ることもあり得ます。


ただ賃貸借契約上において、「入居申込書」及び「賃貸借契約書」への虚偽記載がわかった時点で、事前通知することなく一方的に「解約」することができるとありますが、万が一ウソをついて契約が成立し、後日そのウソがばれてしまった場合には、本当に退去させられるのでしょうか?



①「ウソのレベルにもよる」というのが正直な話

賃貸借契約が成立した場合、お客様には法的に「居住権」が認められていて、法的な手続きをしないまま「退去」させることは、出来ないことになっています。


家賃滞納を3か月以上した人が、強制退去になった事例は、よくある話。

確かに賃貸借契約において、家賃3か月以上滞納した人に対しては「契約上すぐ解約することができる」とありますが、しかしそれを法的に認めてもらわないと、トラブルになる可能性が出てくるので、家賃保証会社を利用している場合には、保証会社が代理人となって「提訴」を行い、判決確定後に「強制退去」及び「賃貸借契約の解除」を行っています。


このことから、ウソをついて(正確にはバレなくて)入居したとしても、ウソのレベルが到底受け入れることができないレベルに達していなければ、解約を申し入れることがでいないと、管理会社の担当者が話していました。



②アリバイ会社を使っても、ウソがばれます

過去に家賃滞納や強制退去処分を受けた方、また現在定職についていない方などは、入居審査に引っかかってしまう可能性が高くなります。


そこで、これは絶対にあってはいけないことですが、アリバイ会社を使って「あたかも勤務しているかのように」書類などを偽装して、入居手続きを行う方がいますが、ただアリバイ会社を使ったとしても、必ずと言ってもいいほど「バレて」しまうのは時間の問題です。


仲介担当者は「常日頃」から物件案内、もしくは入居手続きなどを行っているので、アリバイ会社を使って入居申込を行ったとしても、お客様との会話に「違和感」を感じてしまうと、すぐに調べますので、仮に収入的に家賃が支払える能力があったとしても、仲介会社の担当者は「入居させるべきではない」と管理側担当者に伝えてきます。


管理会社から聞いた話によると、物件入居申込をされていた方が、入居申込書の「会社名」を濁して記入していて、後日わかったことですがその会社が「水商売系」の会社だったとのことで、最終的には「入居を断った」とのことでした。



賃貸契約でうそをついてしまったことがわかると、オーナーさんとしては「裏切られた」といった気持が強くなってしまいます。このような形で入居ができたとしても、お互いいい関係を創り上げることは難しくなってしまうので、厳しいオーナーさんの場合は「6か月後に解約をする」と通告してくる可能性もあり得ます。


過去に滞納歴がある方は、素直にそのことを仲介担当者に伝えてもらえれば、例えば保証会社なし物件を探してもらえますので、ウソをつく行為は絶対にしないで下さい。


5回の閲覧0件のコメント