賃貸入居申込後、仲介会社から連絡がない。どうして?


賃貸物件に入居する場合には、仲介会社において契約手続きを行います。

仲介会社指定の「入居申込書」に、必要事項を記入後に、入居審査が行われます。


賃貸入居申込後、仲介会社から連絡がない。どうして?

一般的に、何も問題がない場合には、数日で結果がわかり、そのことはお客様にお伝えいたしますが、ただごく稀ではありますが、数日待っても連絡がこないこともあります。


連絡がない場合、下記のようなことが考えられます。



1.入居申込が「土日」の場合

不動産仲介会社は、土日祝日(年末年始・5月の大型連休は除く)も営業し、また近年では契約時に「家賃保証会社に加入」することを必須としていますが、保証会社も土日祝日は営業していますので、保証会社審査を行う場合には、すぐに結果が出る一方、管理会社においては、一部会社では「土日祝日」が休みになっているため、もし入居申し込み日が、土日祝日の場合は、その分審査が遅れることになります。


2.入居申込書に不備がある場合

入居申込書は、自筆で記入していただく事になりますが、記入ミスや判読できないような数字が記入されていると、審査に時間がかかることがありますので、連絡するのが遅くなってしまうこともあります。


3.繁忙期の場合

不動産賃貸業界は、毎年1月~3月は、入退去が多くなることから、入居申込者が急増します。その中でも3月は特に忙しくなるので、順番に入居審査を行うことから、入居審査通過したかどうかの連絡が、場合によっては遅くなる可能性があります。

2~3日経過しても、仲介会社から連絡がない場合には、もしかすると担当者が忘れている可能性がありますので、もし不安でしたら連絡して確認されることを、おススメします。


4.入居審査に時間がかかっている場合

入居審査連絡が遅くなっている場合で、最も考えられるのは、入居審査に時間がかかっている場合です。


基本的に入居審査は、わずか数日で完了し、その連絡はすぐにお客様にお伝えしますが、数日待ってもなかなかない時には、下記のようなことが考えられます。


①保証会社審査

一部の保証会社では「信用情報」を確認することができます。

過去に「家賃・クレジット滞納」「強制退去歴」等があった方は、所謂ブラックリスト掲載されているので、一発で入居審査に落ちてしまいますが、家賃支払い能力が「ギリギリ」の方や、家賃入金がいつも遅れる方については、保証会社審査に時間がかかることがあります。


②管理会社(オーナー)審査

保証会社審査が通った後は、管理会社(オーナー)審査が行われます。

管理会社審査では、主に「契約者の人柄」「家賃支払い能力」を確認しますが、家賃支払い能力があっても、水商売系の方や、仲介会社の担当者と「入居に関する話」をしている時に、担当者が違和感を感じた場合、管理会社内において「入居させてもいいかどうか」判断し、その上でオーナーさんに決済をもらうことになるので、時間がかかることがあります。




2回の閲覧0件のコメント