賃貸同棲を開始する際、入居審査は厳しいの?


これから同棲を開始しようと思った時、現在住んでいる部屋が狭い場合には、広い部屋に住替えなければなりませんが、同棲開始のために賃貸探しをする場合、気になってしまうのが入居審査が通るかどうかではないでしょうか?


実は、お部屋を貸す側=仲介会社・オーナーさんも「同棲」と聞くと、一瞬注意をしてしまう可能性が出てきますが、ただ入居審査において「コツ」さえつかめば、すんなりと入居許可は下りるはずです。


目 次

1.同棲に対する仲介会社の想いとは?

2.同棲を開始する際、入居審査に通りやすくする方法

3.将来のことについて、しっかりと思いを伝える

4.まとめ

1.同棲に対する仲介会社の想いとは?

賃貸で同棲をしたい場合、仲介会社は二人の態度を気にします

これから二人暮らしをされる方が、お部屋探しをされる際、仲介会社は「ある一点」が非常に気になります。


同棲は、将来に向けた前段階として、とりあえず一緒に暮らす目的として、始められる方が多いと思いますが、ただ中には同棲を解消される方もいるはずです。


同棲を解消された場合、どちらかが出ていくことになってしまいますが、仲介会社にとって一番気になるのは、一人になった時に「家賃を支払える能力」があるのかどうか?


結婚された方や婚約中の方の場合、主に男性側が主契約者となる可能性が高く、また家賃も支払える能力を有していて、家賃滞納しないように責任もって支払ってくれる可能性があるので、仲介会社的にも安心してお貸しすることができるのですが、同棲の場合は「法的な婚姻関係」ではないので、その点がどうしても心配になってしまいます。



2.同棲を開始する際、入居審査に通りやすくする方法


同棲を開始する際、入居審査に通りやすくする方法

①どちらかが現在賃貸暮らしをされている場合、同じ管理物件内で住み替える

これから同棲を開始しようとしているカップルのどちらかが、現在賃貸物件に入居されている場合で、住み替えをする時は「同じ管理会社が管理している物件に住替え」されると、入居審査が通りやすくなります。


住替えされる前の入居審査をもとに「再審査」を行うわけですが、勤務先などに特段変更がなく、過去に家賃滞納履歴がなければ、入居審査が通りやすくなります。また同じ管理物件同士における住替えをすると、仲介手数料が無料もしくは半額になる場合もあるので、通常と比べるとオトクになります。



②二人とも実家暮らしの場合は、収入が多い方を主契約者にする

一方、二人とも今まで実家暮らしをされていた場合は、収入が多い方を「契約者」にされることをおススメします。入居審査においては「収入的に家賃が支払えるかどうか」が非常に気になるところで、近年では「家賃保証会社に加入必須」となっているものの、管理会社は家賃滞納を非常に嫌います。

二人の収入がなければ家賃を支払うことが難しい場合、入居審査が厳しくなる可能性がありますので、すんなりと入居審査にパスするためには、収入が多い方も主契約者とされたほうがいいと思います。



3.将来のことについて、しっかりと思いを伝える

仲介会社に将来に向けて同棲をすることをしっかり伝える

賃貸で同棲をする際、家賃が支払える能力があった場合で、「将来についてしっかり考えている方」と「そうでない方」がいたと仮定した場合、仲介会社は断然前者の方には、ぜひ入居してほしいと考えます。


賃貸に入居する際、どのようなケースでも「仲介担当者」を味方につけることによって、初期費用や家賃交渉が成功しやすくなりますが、同棲の入居審査をパスする場合でも同じです。


4.まとめ

賃貸でこれから同棲を始める方にとって、入居審査にパスするためには、家賃支払い能力があること以上に、将来に向けてしっかりとした考えがあるかが、非常に重要となります。曖昧な感じで同棲をする旨を、仲介担当者に伝えてしまうと「すぐに解約になるのかな?」といった考えを持ってしまうので、入居審査が不利になってしまいますので注意が必要です。


なお、現在入居中の賃貸アパートにおいて、二人暮らしを始める場合は、身分がわかるもの(住民票など)を提出してもらえれば、入居が認められます。


0回の閲覧0件のコメント