賃貸契約前に、絶対に確認すべき設備とは?


賃貸物件に入居する時には、必ず「賃貸借契約」を結ばなくてはなりません。

賃貸借契約を結ぶことによって、はれてその物件に入居することができますが、ただ契約書にサインをした時点で「都合によってキャンセル」したいと思っても、キャンセルを受付けることはできません。


特に気を付けてもらいたいのが「設備部分」

一般的な賃貸物件では、見学時においては「通電」していないケースが多いので、室内設備を確認することができないことから、お客様自身による確認するとなると、入居後になってしまいます。


ただそれだけでは、正直手遅れとなってしまい、もし入居前にある設備対応がされていないことが分かれば「キャンセル」することも可能となりますが、確認しないままで契約してしまうと、ご入居者様が不利になってしまう可能性が高くなります。


では、賃貸契約前に「絶対」に確認すべき設備とは、いったい何なのかというと、ズバリ備付のエアコンです。

備付エアコンについて、場合によってはエアコン洗浄されていない恐れもあります。

賃貸物件では、原則的に1台は必ずエアコンが設置されています。新築物件で1LDK以上の部屋の場合には2台以上設置されていることもあります。


エアコン部分に関しては、退去時後に行われる「室内クリーニング」で「エアコン洗浄」することになっているケースが多いのですが、ただ物件や管理会社方針によって、エアコン洗浄がされていない状態で、募集を行っている所があります。


もしエアコンクリーニングをしない状態で、そのまま貸し出されてしまうと、エアコンの状態にもよりますが、当然ながら「内部の熱交換器」の表面部分には、汚れやほこりがたんまりと溜まっていて、また吹き出し口周辺は、カビが付着していることが予想されるので、もしそのままの状態で、使用するとなると「かび臭いニオイ」が出てしまうので、健康的にもよくありません。



明らかにエアコン内部洗浄をしていない場合、どのように対応すればいいのか?


「入居してエアコンを使用しようと思ったら、かび臭いニオイ」がしてきたら、入居したことを後悔してしまいますよね?


当然ではありますが、お客様の立場で考えれば「憤慨してしまう」気持ちになってしまい、我慢ができない方は「退去したい」と考えてしまいますが、ただ契約が成立してしまうと、たとえ入居履歴が浅くても「キャンセル」は不可となってしまい、どうしても退去したい場合には「解約手続き」をしなければなりません。


解約となると、敷金以外の費用は「返金」されず、また殆どの賃貸借契約書においては、特約で借主に対して「室内クリーニング費用」の支払いを求めていることから、ここで退去してしまうと、大損害となってしまいます。


もしエアコン使用時に「異臭」が発生した場合には、すぐに管理会社に連絡して下さい。


残念ではありますが、管理がしっかりされていない物件や家賃が安すぎる物件では、室内クリーニングが雑に行われていたり、室内クリーニング費用における管理会社取り分が多い場合には、清掃業者さんも、手間がかかるエアコン洗浄は「省いてしまう」可能性が高くなり、この様なことが起りえます。


国交省のガイドラインにおいても、エアコン内部洗浄に対しては、賃貸人負担(オーナー)ですることが望ましいといった記述がある以上、これを持ち出して交渉すれば、まずやってくれる可能性が高くなりますが、エアコン洗浄がされていないことが最初からわかれば、その物件に入居したいと考える人は、まずいませんよね?


エアコン洗浄部分について、お部屋見学時に質問される方はまずいないので、どのような物件においても、この部分だけは必ず聞いた方がベストです。



グレイスロイヤルでは、エアコン内部洗浄は必ず行っています

グレイスロイヤルでは、エアコン内部洗浄はしっかりと行っていますので、ご安心ください。

甲府市大里町にあるグレイスロイヤルでは、退去後に行われる「リフォーム・リノベーション」工事と合わせて、室内クリーニングを行っていますが、その際、エアコン内部洗浄をしっかりと行っていますので、ご安心ください。


エアコン内部洗浄をすると、フィルター内部に潜んでいる汚れなどを除去することができるので、かび臭いニオイがしてくることはまずありませんし、また洗浄することによって「エアコンの効き」もよくなるとのことです。



0回の閲覧0件のコメント