賃貸広告料を出しても、結果が出にくい理由とは?


賃貸業界においては、お部屋が成約になった場合、仲介会社は「報酬料として仲介手数料をもらう権利」が発生します。


仲介手数料は、本来「借主と貸主双方から0.5か月分」を請求し、最高でも家賃1か月分しかもらうことができないことになっていますが、ただ実際の現場では、借主が全額負担することを同意しているとみなして、借主に家賃1か月分の仲介手数料を請求しているのが現実ですが、ただ仲介会社がもらえる報酬は「家賃1か月分」までと確定しているため、売り上げを伸ばすため、当然ではありますが、担当者は「毎月ノルマ」が課せられているのが現状です。


賃貸広告料を支払えば、早期成約となるかは微妙

ただ、契約成立した際に、仲介手数料とは別に「広告料」として「家賃1~2か月分」が設定されていると、1件の成約で「2~3件分の成約」となることから、仲介会社は、お客様が探している部屋が、広告料設定物件と近いような部屋であった場合には、広告料付き物件をプッシュしてくる可能性が高くなります。


空室を少しでも早く埋めたいと考えているオーナー様にとって、広告料をつけることによって、仲介会社におけるお部屋紹介回数は「増える」ことが予想されるので、一見するとメリットであると考えられますが、ただ広告料が設定されている物件には、ある特徴があります。


広告料設定している物件は、集客が厳しい物件

が多いというのが、業界内における暗黙の了解。


広告料が設定されている物件は、そもそも集客が厳しい物件が多い

現在のお部屋探しは、大手賃貸サイトを活用するのが一般的となっていることから、お客様がお部屋探しをする段階で…

・希望エリア

・希望築年数

・希望家賃(上限~下限)

を予め指定した上で、物件検索を行い、また基本的に「見学予約先物件を予め指定」されてくることから、広告料が設定されている物件とお客様が探した物件の入居条件が「近い」場合には、広告料付き物件を見学して頂ける可能性が高くなりますが、ただ条件に合わない物件を紹介しても、断られるのが正直な所。



さらに、広告料付き物件の最大のデメリットは、その物件を担当者がプッシュして、仮に契約となったとしても、そのお部屋のクオリティーが低い(リフォームや管理が甘い、入居者の質が悪い)場合には、当然ながら「激怒」してしまう可能性が高く、またあまりにも住みにくい部屋であると、「早期退去」してしまう可能性すら出てしまいます。



募集部屋がしっかりとリフォームしている部屋では、広告料をつけなくても、埋まりやすいもの

募集している部屋を早期に埋めたいと考えているのは、管理会社・オーナー様の共通認識です。ただお部屋探しをされている=主役はあくまでもお客様であるので、お客様が気に入った部屋を提供することが、管理会社、オーナー様の役目であると考えられます。


正直な話、募集されている部屋が「しっかりとリフォームやリノベーション」していれば、広告料などを出さなくても部屋は埋まるものです。さらにお部屋探しをされている方全員が「賃貸サイトを活用」しているのではなく、SNSも活用されている方もいるので、もし集客で苦戦されているオーナー様は、賃貸サイト以外においても集客をしてみると、結果は違ってきますし、また広告料を出す費用があれば、その費用をお部屋に投資したほうが、お客様の立場で考えれば、きっと喜んでいただけるはずです。





0回の閲覧0件のコメント