賃貸広告料を増額しても、部屋は埋まりません。


賃貸物件の空室を募集する時、仲介会社にお願いして、賃貸系ポータルサイトに物件情報を掲載してもらうのが一般的です。


お部屋探しをされている方は、基本的に賃貸系ポータルサイト内にある検索画面から「希望築年数」「希望家賃」「希望設備」など希望条件を入力することによって、自分の理想に合う部屋を探すことができるので、時間がない方でも短時間でお部屋探しができます。


ただ、賃貸系ポータルサイト上では、お客様の条件にひとつでも該当しなければ「検索画面上」に掲載させることが難しくなるので、特に競争力が低下しやすい、築年数が経過した物件は「不利」になりやすくなります。


空室期間が長期化すれば、その分機会損失が大きくなることから、一部のオーナー様は客付けが強い仲介会社に「成約した暁には広告料を支払う」ことを約束するところもあります。



賃貸業界においては、契約が成立した段階で「仲介手数料」が発生します。


仲介手数料は、仲介会社がもらう契約に対する「報酬料」ですが、ただ仲介手数料は法律によって設定できる上限が決まっています。最大でも家賃1か月しかもらえません。


これは新築物件であっても、築年数が経過している物件であっても同じです。


築年数が経過している物件においては、立地条件が悪ければ苦戦が予想されるので、空室期間が長期化になることが予想されます。そこで、仲介会社に「成約した時には広告料」を支払うことを約束すると、お部屋探しをされているお客様が、広告料が付いた物件近くの物件を探している場合、積極的に広告料が付いた物件を紹介します。


広告料が付いた物件が成約した際には、仲介手数料+広告料が仲介会社に入りますので、仲介会社としては売り上げアップにつながりますが、ただ最近では広告料が付いた物件であっても、成約に至ることは少ないのが現状です。


近年においては、お部屋探しの際に行く仲介会社訪問数は1~2回がいいところ。

また、見学予約をするときには、事前に見学したい物件を調べてくるので、仮に仲介担当者から「こちらの物件はいかがですか?」とさりげなく勧めてみても「断られる」可能性の方が大きいので、広告料が付いた物件であっても、成約率が上がるかというと、懐疑的な要素が強いというのが現状です。


また、お部屋探しをされているお客様は「賃貸業界」のことをよく調べている方が多いので、もし積極的に「自分とは関係がないような物件」を進めてきた場合「何かがある」と悟られてしまう可能性があるので、かえって逆効果になってしまいます。



空室部屋を埋めたいと考えているならば、広告料を出すよりも、まずは室内がお客様に気に入られている部屋になっているかどうかを、確認されたほうがいいと思います。



#空室対策

#広告料







0回の閲覧0件のコメント