賃貸探しで大切なのは、入居後フォローアップができる物件かどうかを見極めること。


賃貸物件を探される時、エリアや築年数、家賃等を気にされる方は、結構多いと思いますが、ただたとえ希望通りの部屋を見つけて入居したとしても、入居後に室内設備トラブルや、入居者トラブルに巻き込まれた時、管理会社がしっかりと対応してくれるかどうかが、非常に重要となります。


入居後の管理体制に関して、契約前に確認することをおススメします
入居後の管理体制に関して、契約前に確認することをおススメします

一部管理会社(ごく稀だとは思われますが…)においては、契約までは良かったものの、契約後設備トラブルが発生し、管理会社に交換を要求(経年変化による)をしても、なかなか交換してくれなかったり、誰かのせいにして、自分達は関係ないといった態度をとる担当者が稀にいます。


これは、某管理会社上にあったお客様のコメントです。

個人情報もあるので、管理会社が特定できないよう、一部は修正してあります。

対応がマジ最悪です。
入居までの流れは良かったのですが、入居後のサポートは0に等しいです。
入居初日からコンロは壊れてつかないし、他のものも壊れている個所ばかり。
コンロは後日新しいものに変えてもらいましたが、他の壊れた個所は1年以上たっても、業者に連絡しますといったばかりで、1度も直しに来ません。謝罪もないです。(後略)


どうしてこのようなことが起こり得るのかというと、恐らく賃貸経営システムが原因と思われます。


近年施工され賃貸物件では、空室がいくつあったかどうかは一切別として、毎月一定額の家賃が入金するサブリース契約と呼ばれている契約で、運営をしています。この場合管理会社が、設備交換などがあっても、オーナー許可は必要としないので、すぐに対応できるといったメリットがあります。


一方サブリース契約ではない物件(多くは築年数が経過した物件が中心となります)では、管理会社に管理料を支払うことで、入居者様からの相談やクレーム対応をしてくれるものの、設備交換に関しては、所有権がオーナーさんにあるので、許可をもらわなければ交換することができません。


一部物件では、何度も連絡しているのに修理や交換に応じない所もあります
一部物件では、何度も連絡しているのに修理や交換に応じない所もあります

設備交換をしなければならない時、管理担当者からオーナーさんに「交換してもいいかどうか」許可連絡をしてきますが、費用をあまり出したくはない一部のオーナーさんは、ご入居者様からの声を「無視」する方もいるので、上記のような問題が発生します。


これは、築年数はあまり考えないほうがいいのかもしれません。


入居後に管理会社とトラブルにならないためには、どのような物件に住めばいいのかというと、ズバリ「仲介会社が自信を持って紹介してくれる物件」です。


仲介会社が自信を持って紹介してくれる物件にはハズレはないです。
仲介会社が自信を持って紹介してくれる物件にはハズレはないです。

実は入居後快適な生活ができるかどうかは、管理会社の管理の質もそうですが、それと同等もしくはそれ以上に、オーナーさんがしっかりと対応してくれているかどうかが、一番の問題です。


オーナーさんが入居者様からの「設備トラブル」に対して、真摯に対応している場合、当然ながら管理担当者は「この部屋を埋めたい」と考え、その旨を仲介担当者にも伝えます。


またしっかりと賃貸経営しているオーナーさんの物件は、築年数が経過していても、物件周りに「ごみ」が落ちていることはありませんし、雑草が生い茂っていることもありません。


実際に、オーナーさんがしっかりと賃貸経営をしている場合、クレーム問題に発展する前に解決しているのが当たり前ですので、もし入居後のフォロー体制が気になる方は、管理会社が運営している仲介会社で、お部屋探しをされることをおススメしています。







2回の閲覧0件のコメント