賃貸物件における貸与エアコンに隠された事実とは?


賃貸物件では、原則的にエアコンは1台設置されていますが、備付エアコンが万が一故障や不具合などを起こし、交換が必要となった場合には、オーナー様がエアコン交換費用を出さなければならなくなります。


エアコン交換となると、お部屋の広さにもよるものの、概ね10万円ぐらいの費用が発生してしまうので、オーナー様としてみたら頭が痛いところ。


近年ではガス供給会社における競争が激化していることもあり、賃貸物件のガス会社を変えることを条件に「エアコンを新規設置する場合、無償貸与サービス」を展開する会社も増えていたことから、オーナー様にしてみると、この際ガス会社を見直すべきではと、ふと考えてしまいますよね?



ただ、ガス供給会社はエアコンを貸与する場合、エアコンにかける予算はあらかじめ決められているので、予算以上のエアコンを設置することは難しくなります。


エアコンには6帖用・8帖用・10帖用・12帖用など「サイズ」があります。


室内の大きさによって、設置するエアコンのサイズを決めることになりますが、ただ貸与の場合、先程もお伝えした通り「予算を超えたエアコン」を取り付けることは難しくなるので、例えば12帖LDKにエアコンを取り付けたいと思った場合、通常ならば「10帖用」もしくは」「12帖用」のものを取り付けなければならないところ、ガス会社の方針にもよりますが、良くて8帖、場合によっては6帖タイプのものを取り付けられる可能性が出てきます。


12帖LDKに6帖/8帖用エアコンを取り付けた場合、部屋が快適な温度になるまで「時間

が掛かってしまう」ことから、ランニングコストが通常より多く発生してしまうので、その部屋にご入居されるお客様の立場で考えれば、不経済な部屋になってしまいます。


さらにエアコン貸与の場合、エアコンのランクも正直よいものを使うことができない=予算をかけられないことから、中の下のものを使わざるを得なくなるので、高性能のエアコンではありません。


エアコンが貸与される場合、エアコン購入費用を負担しなくても済みますが、ただ室内が広い場合、それにあったエアコンではない可能性が高くなるので、もし広い部屋にエアコンを取り付けるならば、その部屋だけは自費購入されたほうが、お客様にとってもメリット大と言えそうですね。


1回の閲覧0件のコメント