賃貸集客マーケティングで、効果的な方法とは?


不動産賃貸業界にとって、毎年1月~3月は「年に1回訪れる最大の繁忙期」

現在空室部屋をお持ちのオーナー様にとっては、繁忙期には最大のチャンスと言っても過言ではないぐらい、募集を開始するといつも以上に反響を得やすくなるので、早期に部屋が埋まって、入居率が改善する…と思うのは、昔の話。


昨今では、人口減少/賃貸物件数の供給過多/新型コロナウイルスの影響による経済悪化などから、お部屋探しをされる方が「流動的」となり、正直予測することが難しくなってしまっています。


賃貸集客マーケティングで、効果的な方法とは?

ただ、どのような状況下で合ったとしても、繁忙期に部屋を埋めなければ、特に学生対象物件では「最悪来年の繁忙期まで空室状態」になってしまう可能性も否定できないことから、大手管理会社物件などでは、繁忙期の期間中「有名タレントを起用したキャンペーンCM」をテレビなどの媒体を使って放送しています。



賃貸の募集に関しては、首都圏より地方都市の方が「苦戦を強いられてしまう」と言っても過言ではありません。

築古物件では価格競争が発生しやすくなります

地方都市においては、賃貸物件の供給数が飽和状態となっていることから、築年数が経過している物件においては、価格競争+広告料設定をしないと、成約に結び付けることが難しいと言われていますが、ただもしオーナー様の物件集客が難しいと、管理会社担当者から指摘されるということは、恐らく周辺にある同じエリア内の物件も「同じような状態に陥っている」ことが予想されるので、価格競争がさらに激化することが推察されます。




家賃値下げは食い止めたいと思っていても、非常に難しいのが現状

オーナー様としてみたら、たとえ周辺エリアの家賃相場が下落していたとしても、可能な限り「家賃値下げ」はせずに、成約させたいと思っているはずですが、現状の賃貸集客は、どの仲介会社であっても「大手賃貸サイト」が主となっているため、価格競争が発生しやすい環境となってしまっています。



賃貸集客上において、一番効果的な方法としては、しっかりとリフォームやリノベーションをしていることが大前提となっていますが、ただオーナー様の都合上において、これ以上の対応をすることができない場合には、現在のお部屋で集客をせざるを得なくなってしまいますが、実は訴求効果が効果的な「集客マーケティング」として、SNSが有効的です。


SNSが賃貸集客において有効的な理由とh?

賃貸物件を探されている方の多くは、10代後半~30代後半であり、この年代はSNSを日常生活上においても活用していることから、物件の認知度を上げるためには、SNSをフル活用した集客をすることによって、ハッシュタグ検索をしてきた方に「ダイレクトに情報が拡散」されるので、訴求効果としては、ものすごく強力的と言えます。


物件PRをしたいのであれば、拡散効果が期待できるTwitter、またリフォームやリノベーションをしっかりしている部屋をお持ちの方は、Instagramを活用して投稿されると、効果的です。


ここで気になるのは、TwitterやInstagramを使って、本当に物件情報を見てくれるのか、心配になりますよね?

上記は、日本一空室率が悪い山梨県に物件を所有している弊社において、web集客をしたことによって、どのくらいのアクセスがあったのかを調べたものですが、ソーシャル(Twitter・Instagram・YouTube)上においては、弊社物件がある甲府市からのアクセスが、自然検索以上に多いことがわかり、ソーシャル上から物件HPにアクセスした場合における直帰率も35%台であることから、物件に興味を持っている方が多いことが、よくわかります。


なお、オーナー様の中には「物件専用HP」を持っていないので、SNSを使った集客をしても、どこにリンクさせればいいのかわかりませんよね?

この場合、もし管理会社に「管理委託している」場合においては、管理会社専用HPのオーナー様物件ページをリンクしてもらえないか、相談してみてください。


またSNSを使った集客マーケティングで有効的なのは、キャンペーンを打ち出す時、特にTwitter上では拡散効果が期待できるので、例えば「SNS経由からのお問合せ・お申込をされた方のみ、フリーレントをつけちゃいます!」といった情報を流すだけで、物件やキャンペーン情報に興味を持ってくれた方は、確実に物件ページを見てみたいという考えになりますので、効果的です。





閲覧数:0回0件のコメント