賃貸駐車場で、はみ出し駐車をされている。どうすればいいの?


地方都市においては、賃貸敷地内に駐車場を完備している所が多いですが、賃貸駐車場の停め方によって、トラブルにつながるケースは多く、よくある事例としては「契約駐車場の白線ギリギリ」に車を停めることによるトラブルは多くなってきています。

賃貸駐車場において迷惑駐車をされていた場合、管理会社に連絡してください。

白線ギリギリに車を停められてしまうと、他の方のご迷惑になることはもちろんのこと、場合によっては接触事故を起こしてしまう可能性が非常に高くなるので、迷惑駐車をされている方の両隣に、駐車スペースを借りられている方にとっては、とても迷惑な話。


もし、このような事態に遭遇した場合には、どのような対処をしたらいいのか、わかりませんよね?


もし迷惑駐車をされていて困っているなど、賃貸物件全体に関する相談がありましたら、ご遠慮なく管理会社にご相談ください。


今回のケースの場合、迷惑駐車をされている方に対して「駐車する際は白線内に車を停めてほしい」と、直接ご相談させてもらい、しばらく様子を見ます。


それでも、なお改善されない場合には、お客様とご相談をさせてもらうことにはなりますが、空きスペースがあればそちらに移動していただく事も可能となります。その際に発生する「駐車位置変更に関する手数料」は原則無料となっていますので、ご安心ください。


迷惑駐車をされている方に関しては、管理担当者が言っても改善されない場合には、上役もしくはオーナーが対応することになってしまい、それでも改善の余地がなければ、信頼関係が破綻しているとみなして、駐車場における賃貸契約を解除させてもらうことにもなります。



当時者同士で話し合いをすると、ケンカになりやすくなります

それと、これだけでは絶対に避けてもらいたのは、当時者様同士に置いて話し合いになると、100%の確率で「感情論」が先行してしまい、ケンカになってしまいます。


ケンカになってしまうと、まとまる話がまとまらなくなるばかりではなく、今後お互いがアパートでお会いした際も「気まずい」雰囲気となってしまいますので、これはどのようなクレームでもそうですが、もし何か言いたいことがあれば「管理会社の担当者」に直接お申し付けください。


第三者が間に入ったほうが、客観的な判断ができる可能性があるので、早期解決が可能な場合も出てくるからです。



今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。



#駐車場 #クレーム #管理会社




79回の閲覧0件のコメント