誰も簡単にできる賃貸反響率を上げる方法とは?

更新日:9月22日


賃貸物件のお部屋を募集をしたとしても、反響がなければ「閑古鳥」状態となってしまい、いつまでたっても、お部屋が埋まることはありません。


そのため、管理担当者からは…

「今のままでは反響が少なすぎるので、家賃を値下げして反響率を上げてみてはいかがですか?」

といった提案をされる可能性が高くなります。

家賃下げて反響を多くしようと思っても、結果的にはデメリットとなりやすいです

確かに家賃を値下げすることによって、賃貸サイト上では「すぐに反応」を示すことがあるので、場合によっては「すぐに問合せや内見予約」が入りやすくなります。


その一方で「家賃を値下げする」ということは、仮に成約になったとしても、値下げした金額分はマイナスとなってしまうので、この点は覚悟をしなければなりません。ただ一般的な賃貸集客は「賃貸サイト上」で行われていることから、値下げした部屋の情報を「同じ物件に入居している他の入居者」の方も「見ている可能性」は、十分にあり得ます。



同じ物件なのに家賃が全く違うことがわかってしまうと、誰もが怒り心頭になります

設備的にもほとんど同じなのに、家賃が自分達の部屋より「明らかに安い」ことを知ってしまえば、誰だって「不公平だ」という気持ちになってしまいます。実際に家賃を大幅に値下げして募集をしていた部屋においては、同じ物件に入居されている方から、管理会社にクレームを言う方もいます。


管理会社としては、客付け強化の一環であることから「今回の値下げは一時的なキャンペーン」と主張したとしても、これに納得して頂ける方は「皆無」と言っても過言ではなく、家賃値下げに反対しているお客様の中には、更新のタイミングで「理論武装」(家賃値下げをしなければ更新しない=退去する)を仕掛ける方もいます。



つまり、たった1回の家賃値下げをすることによって、客付けに成功したとしても、結果的に貼物件全体の評判を下げることを示唆しているので、安易な値下げは行うべきではありませんし、さらに家賃値下げを1回でも行うと、知らない間に「値崩れ」が発生してしまうことから、経営的にも厳しくなってしまいます。



このような最悪の事態を防ぐためにも、募集時においては「しっかりと反響」を得ることが大切となりますが、ただ通常の賃貸集客をしていても、しっかりとした反響を得ることはできません。


SNSを使った集客をすることで、価格競争から脱却することができます

実は、賃貸の集客は「オーナー様」でもできないことではありません。しかもある方法をとることによって、簡単に集客=反響を得ることができます。その方法とは、SNSを活用した見学会の実施です。


SNSは、若い世代の間では「日常生活の場」において、活用されているツールであり、メリットとしては、ハッシュタグをつけて投稿することで、相手方が「ハッシュタグ検索」をした時、ダイレクトに情報を見てもらえることができる点です。


賃貸サイトでは、お客様が「希望条件を入力」することができるため、条件全てに合致する部屋でしか「閲覧することができない」ため、特に築年数が経過している物件やリノベーション物件では、閲覧さえしてもらえない可能性が出てしまいます。


この点、SNSでは「ハッシュタグ」をつけることで、広範囲に情報拡散できる点においては、ある意味賃貸サイト以上の拡散能力があると言えます。そこで、オーナー様自らSNSにおいて「物件見学会を開催」されることをおススメします。

賃貸見学会を行うにあたり、参加特典がもらえるだけで、お客様の心証は違ってきます

お部屋探しをされているお客様の多くは、2~3件の物件を見学されて、初期費用や室内状況、周辺環境を比較した上で、1つの物件に決めることから、間口を広げるためにも、定期的な見学会開催は、重要となります。


そこで、SNS上において「物件見学会」を開催する投稿を行い、しかも見学会に来ていただいた方に、記念品を差し上げることによって、「オーナー様の本気度」を理解して頂けるはず。


ただしオーナー様の本気度を示すためには、「安っぽい記念品」はNG。

弊社においては、物件募集時においては「定期的に見学会を開催」していますが、記念品は「Amazonギフト券1500円分」を用意して、見学会終了時にお渡ししています。



弊社物件では、他社には真似することができない「ナチュラルテイストに特化」したリノベーションを行っているので、家賃は相場と比べると「1万円以上」高い設定をしていますが、見学会で「サプライズ的なこと」をしていることもあり、見学会に参加された方の約8割は、そのままご入居して頂いております。


もちろん、見学会に参加されたかの中には、他社物件に入居される方もいます。

このような話をしてしまうと「費用対効果的に期待できないのでは?」という考えが生まれますが、そもそも「賃貸の見学会」において、「商品券1500円分」等を用意している所は皆無であり、契約するしない関わらず「商品券がもらえる」時点で「お客様が損をする」ようなことはありませんよね?


見学会を行って契約が流れてしまっても、口コミで広がることもあり得ます

むしろ、大多数の方が「ギフト券を頂いてありがとうございました」と感謝の言葉を言っていただいているので、これは推測かもしれませんが、おそらく「口コミ」で弊社の取り組みをお友達などに伝えているはずであるので、1500円の投資で、沢山の方に弊社物件情報を伝えてもらうことができる点は、とても安いと言っても過言ではありません。



コロナ禍ということもあり、特に学生対象としている物件では、集客に苦戦を強いられている可能性があります。ただ進学するすべての学生が「賃貸に入居しない」ということではありませんので、集客上有利になるためにも、お客様に喜んでいただける「対応」は、行うべきであり、さらに仲介会社では「弊社みたいな対応」はまず行っていないので、1日でも早く集客したいと考えるオーナー様は、SNSを活用した物件見学会を開催すべきです。


 

・誰でもできる賃貸見込み客を顧客に変える方法とは?▶今すぐ記事を読む

・家賃相場を完全無視した部屋が、どうして埋まるのか?▶今すぐ記事を読む

・賃貸の見える化をすると、どうして成約率が高くなるのか?▶今すぐ記事を読む

 

有限会社 山長


取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562


 






閲覧数:1回0件のコメント