top of page

【賃貸リノベーション】施工費抑えたいが賃料アップしたい!

更新日:2023年11月14日


築年数が経過している物件は、物件資産価値が低下しているので、どうしても家賃維持はもちろんのこと、家賃値上げをすることは非常に難しくなります。



昨今の賃貸市場は「地方都市を中心に物件供給数が増加」傾向となっているため、何も対策をしなければ、家賃値下げをせざるを得なくなってしまいます。



更に現在問題となっているのは、一昔前であれば「家賃値下げ」すれば、比較的部屋が埋まりやすくなっていたものの、物件供給数が飽和状態となっている今、家賃を下げても空室が長期化してしまっているところが出始めています。

施工費を抑えたいが賃料はアップしたい。どちらも叶える方法とは?

貸主の立場で考えた場合、「家賃は可能な限り維持/もしくは値上げ」して収益をよくしたいと考えているはずです。


有効的な対策として「リノベーション」があげられます。



リノベーションとは、古くなった部屋の設備や内装を「一新」させることによって、資産価値を高める手法のこと。



リノベーションで資産価値を高めることができれば…


  • 家賃値上げがしやすくなり収益改善が期待できる

  • 家賃相場の影響が受けにくくなる


ことから安定した賃貸経営を行うことができます。




しかしリノベーションするとなると施工費が高くなり、貸主によっては新たな借り入れが発生することが予想されますので「費用をかけてまですることなのか?」懐疑的に思う方もいるはずです。





リノベ個所を限定的にすることで、家賃維持は十分可能に

そこでおススメなのが、リノベーションを全て行うのではなく、対応する個所を限定的にすることによって、施工費を抑えることができ、クオリティー次第では「家賃維持」はもちろんのこと、値上げも十分可能となります。




施工費を抑えたい場合、いくつかのポイントがあります。

ポイントをしっかりと把握しておかないと、集客が難しくなってしまいますので、要注意となります。



施工費抑えたいが賃料アップしたい。どちらも叶える方法


リノベ対応が必ず必要なところとは?

施工費抑えたい+家賃を値上げ(据置)にするためには、水回り部分特にキッチンは必ず対応しなければなりません。




キッチン対応すべき理由


  • キッチンは賃貸物件にとって「華」というべき部分。キッチンがしっかりと対応しているかどうかで成約率は変わってくると言っても過言ではない。

  • 部屋探しにおいてキッチンの充実度を重視する人が増えてきているから




古くなったキッチンを「少しでもおしゃれにする方法」としては、キッチン扉に「リメイクシート」を貼る方法がありますがリメイクシートを貼ったとしても、キッチンパネルそのものが古くなっていることから、全体的な印象がどうしても悪くなってしまいます。


キッチンに関しては、費用は掛かってしまうものの、交換しないと「家賃維持」すらできませんので、交換されることをおススメします。






水回り部分は、必ずしも交換する必要がない


キッチン以外の「水回り」部分において、家賃を大幅に値上げしたいのであれば「交換」されることをおススメしますが、ただ現状維持/多少の値上げ検討している場合「現在の設備が古く」なければ、そのまま活用されても、集客に影響が出るとは考えにくいです。




(1)浴室


築年数が古い物件の浴室水栓は、「ひねるタイプ」のものが多く「築古物件の象徴」的な印象が強く出てしまいます。「サーモスタット混合水栓」を取付けることで古さを軽減させることができます。


また浴室内の鏡を一回り大きいものを設置することで、浴室内を広く見せる効果があります。




(2)トイレ


トイレは部屋の中でも面積が一番小さいため、壁紙交換してもコストはあまりかかりません。


弊社物件ではトイレは既存のものを使用していますが、トイレ本体以外は壁紙/床材交換してしおしゃれ空間にしています。




(3)洗面台


洗面台に関しては、シャワー水栓が取り付けられてあるものであれば、交換する必要性はありません。なぜならば「新築物件」においても、同様のものが設置されているからです。




ワンポイントで部屋の印象を変える


上の写真をご覧下さい。


これは昨年弊社物件で行った「リフォーム部屋(玄関)」のビフォーアフターですが、ワンポイント変えただけで、室内印象はガラリと変わってきます。



【変更した部分】

  • 照明器具:IKEA照明+人感センサー内蔵

  • 正面壁:壁棚を設置(観葉植物/おしゃれな雑貨を置くと玄関が華やかになる)

  • 床材:白系のクッションフロア(暗めとなる玄関が明るくなる)


まとめ


今回は、施工費を抑えたいが賃料アップしたい。どちらも叶える方法についてお伝えしました。


今回紹介した施工方法では賃料大幅アップは期待できません。しかし現況維持/多少の値上げであれば室内空間がおしゃれになるため成約に繋げることが期待できます。







リフォームやリノベーションを管理会社に委託しているオーナー様の中には「どのように対応したらいいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。



そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。



 

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562


 




閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page