家賃相場を無視した募集部屋が、わずか1か月足らずで成約に。

更新日:9月20日


賃貸物件を募集する際、家賃相場がどうしても気になるものです。

その理由としては、「賃貸物件検索サイト」上において、お客様自身が「築年数」「家賃」「エリア」「設備」等を自由に入力ができ、「検索ボタン」を押すことによって、希望条件に全て合致した部屋のみが、画面上に残るので、条件にたった1つでも合わない物件は、その時点で「成約候補から除外」されてしまいます。

家賃相場を無視した募集部屋が、わずか1か月足らずで成約に。

特に近年(地方都市)では、賃貸物件数が飽和状態となっていることから、競争力が低下しやすい「築年数が経過している物件」においては、価格競争が発生しやすい減少となっています。


需要と供給のバランスが保たれていれば、家賃値下げをすることによって、早期に部屋が埋まる可能性が高く、また需要と供給のバランスが崩れていたとしても、資産価値が高い「築年数が浅い物件」では、需要の方が大きいので、空室が長期化になることは、あまりありません。


ただ、現在築年数が浅い物件であったとしても、不動産賃貸物件の供給数は、今後も「飽和状態」になることから、いずれは「空室が埋まりにくくなってしまう」ことは避けられない問題になってしまうので、要注意となります。



弊社所有物件がある「山梨県」は、日本一空室率が悪い県。さらに弊社物件は1993年築の和室アリ2LDK物件であることから、賃貸集客上「苦戦が強いられる」ことは、誰の目から見ても、明らかとなっていますが、昨日弊社物件を管理している管理会社担当者から、「募集中の部屋の入居審査が完了」したとの報告を頂きました。

リノベーション前の部屋が埋まった。どうして?

弊社物件では、2018年以降「空き部屋を順次リノベーション」を展開しています。入居審査が完了した部屋は、2022年3月下旬に「ご退去」された部屋で、これからリノベーション工事を行う予定であったことから、ご成約して頂いたお客様は、完成されたお部屋をご覧になることなく、お部屋を決めたことになります。


さらに、ご成約されたお部屋の家賃は、築年数に応じた家賃相場と比べると、明らかに「高い設定」になっていますが、どうしてこのような部屋がご成約になったのかというと、明らかに「入居後の暮らし方のご案内」ができるような部屋になっていたからです。



お部屋探しをされている方は、入居後のイメージをもって見学されています

賃貸物件をお探しのお客様は、内見時に「入居した場合、どのような生活を送ることができるのか」を想像しながら、内見されています。特に家具類などは、そのままお使いになる可能性が高いことから、お部屋とご自身が持っている家具が「合うのかどうか」は、非常に重要となります。


ただ、多くの賃貸物件では「コストを抑えた部屋作り」をしていることから、室内の機能性向上はもちろんのこと、デザイン性の部分においても、自分達にとって都合がよいものを選択しがちとなることから、場合によってはお客様にとって「ハズレ物件」を提供している可能性が出てきてしまいます。



他社が真似することができない「デザイン性が優れた」リノベーション部屋を提供しています

今回ご成約になったお部屋は、繰り返しますが、まだリノベーションが完成されていませんので、リノベーション後の写真を担当の方がお見せになって説明されたと思われます。


例えば、こちらは弊社物件で昨年リノベーションした部屋のLDKとなりますが、今回ご成約になった部屋も、このようなLDKになりますが、お客様にとって「室内のデザイン性」が優れていると、それだけで物件に見とれてしまうものであり、さらにIKEA製のキッチンカウンターが設置されていると聞くと、大抵の方は「それだけでも大満足」されるはずです。




調湿効果が期待できる漆喰は、夏場の電気代を抑えられます

さらに今回ご成約された部屋は、室内の機能性向上のため、LDK・和室・洋室の全ての壁に「漆喰」を施工しますが、漆喰を施工することによって「調湿性」「消臭性」「抗菌・抗ウイルス効果」が期待できることから、室内の機能性を大幅に改善することが期待できます。


特に、山梨県甲府市は「盆地気候」であるため、夏場は連日猛暑日が続き、さらに夜になっても気温が下がりにくく「熱帯夜」になることも、最近では珍しくはありませんので、昼夜問わず「エアコンをフル回転」しなければ、生活すること自体が難しくなってしまいます。


ただ、エアコンを昼夜問わず使用し続けてしまうと、当然ながら電気料金は高くなってしまい、現在電気料金自体も「値上がり」していることから、家計をさらに圧迫させてしまいますが、漆喰が施工されてあると、調湿効果によって「エアコン設定温度を低くしなくても、快適な生活を送ることができる」ため、電気代を抑える効果が期待できます。


実際、漆喰を用いた部屋にご入居されているお客様に、様子を窺ったところ「以前入居していた部屋と比べて、電気料金が2000円安くなっていた」「エアコン設定温度を低くししてしまうと、部屋が寒すぎてしまい、逆に寝られない」といった感想を教えていただきました。



リノベーション工事が完成していない部屋+家賃相場が高い弊社物件が、どうして埋まったのか?

その理由は、他社が真似することができない「室内のデザイン性」「室内の機能性」が優れていることを、しっかりと説明することができ、共感して頂けることができたからだと思われます。


 

有限会社 山長


取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562


 


閲覧数:4回0件のコメント