top of page

空室対策のカギはキッチンクオリティーにあり


一昔前は賃貸物件の需要と供給のバランスが保たれていましたので、空室対策を特段行わなくても客付けに苦戦することはありませんでした。



しかし昨今は人口減少/物件供給数過剰のため賃貸空室率は悪化傾向となっています。



このままの状態が続けば2030年には空室率が30%に達すると野村総研がリリースしていますが、すでに一部エリアでは空室率30%台に突入していることを踏まえると、予想より早く空室率30%時代を迎えるかもしれません。



そのため築年数関係なく空室対策を強化しないと早期客付け/家賃維持は難しくなりますが、今後賃貸経営で生き残りを図るカギとなるのがキッチンのクオリティーになると弊社代表は考えています。



本投稿はキッチンクオリティーが今後の空室対策のカギになる理由についてお伝えいたします。






 

▼目 次

 

【本記事でお伝えする結論】





1.空室対策で重要なこと


空室対策で重要なこと


一部の貸主/業界関係者は「空室対策は客付けするために行うもの」と考えています。ただ賃貸物件に入居される方の約7割は「入居したことを後悔」しています。



そのため客付けできたとしても長期入居に繋げられないため、安定した家賃収入を得ることができません。



弊社代表が考える空室対策とは「顧客満足度を高める対策」を行うことです。



納得して入居して頂き快適に過ごせる空室対策を行わなければ、今後の大空室時代に生き残ることは難しくなってしまいます。



そこで重要となるのがキッチンクオリティーです。



 

▶空室対策の本質に関しては、過去記事をご覧下さい。


 


2.空室対策のカギはキッチンクオリティーにあり


空室対策のカギはキッチンクオリティーにあり

1)背景


弊社代表はキッチンクオリティーが今後の空室対策上のカギになると考えています。理由は…



部屋探しの際「家賃」「アクセス」「リビングの広さ」を少し妥協しても「キッチンの充実度」を優先したい方が多い





本リリースから「部屋探しの基準が変わっている」ことがわかります。つまり充実したキッチンを導入することが今後の空室対策のカギになる可能性が高いことがわかります。



2)顧客目線に立ったキッチンとは?


顧客目線に立ったキッチンとは?


キッチン充実度を図ると聞くと、大多数の方はシステムキッチン導入を連想します。確かに最新型のキッチンを導入することでキッチン利便性は高まりますが、デザイン性の部分では確実に劣ってしまいます。



家事の中でもキッチンにいる時間は最も長いため、ワクワクするようなキッチンでなければ特に女性は苦痛になってしまいます。そのためキッチン導入する際は機能性とデザイン性の両方を兼ね備えることが早期客付けのヒントとなります。



3)事例紹介


カフェスタイルに特化したリノベーションキッチン


弊社物件は築年数が経過しているため2018年から空き室を随時リノベーションしています。全20戸中14戸はリノベーション済みで、全室弊社オリジナルのカフェスタイルキッチンに変更しています。



弊社物件がオリジナルキッチンにこだわるのは以下の理由からです



  • カフェスタイルに特化したキッチンを提供している物件が少ないため差別化が期待できるから

  • 成約のカギを握る女性は、おしゃれで温もりがあるキッチンが好きだから





オリジナルキッチンの費用対効果

キッチン本体以外は全て一新し、キッチン扉は無垢材/キッチンパネルは新調しているため施工費用はシステムキッチン導入とあまり変わませんが…



  • 内見者からの評価が高く、入居の決め手のひとつになっている

  • 従前と比べ成約期間短縮に成功している

  • 従前と比べ退去件数が少なくなっている

  • 経年変化が楽しめるためキッチン価値の目減りはシステムキッチンと比べ少ない



ため費用対効果は高いと言えます。



 

▶弊社リノベーションキッチン&借主の声の詳細は、過去記事をご覧下さい。



 


3.まとめ


今回はキッチンクオリティーが今後の空室対策のカギになる理由についてお伝えしました。冒頭でお伝えしたポイントをもう一度確認しましょう。





弊社物件があるエリア内は築20年以上の物件が乱立していますが、殆どの物件では原状回復程度のリフォームしかしていないため、家賃値下げしても空室期間が長期化しています。



つまり部屋探しされる方は家賃が安い物件より、多少家賃が高くてもクオリティーがいい物件を希望していることが推察できます。



キッチンを強化することで空室対策の悩みはすぐに解消されるため、現在客付けで苦戦している貸主はキッチン見直しされることをおススメします。




今回ご紹介した内容を実践して頂ければ確実に効果は期待できますが、「こんなのどこから手をつけていいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないかと思います。


そんな時は私ども(有)山長の「お手軽無料相談」をご利用ください。


過度なメール配信、強引な営業活動等は一切行なっておりませんのでどうか安心してご相談ください。






 
空室対策コンサルタント 有限会社山長
有限会社山長 長田 穣

取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562

 


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page