収納力が弱い築古アパートを改善させる方法とは?

更新日:9月21日


お部屋探しをされている方が「築古物件」を選択してもらえない理由としては、様々な問題がありますが、収納力が築浅物件と比べて少ないことも、問題として挙げられています。

収納力が弱い築古アパートを改善させる方法とは?

ファミリー向け賃貸物件の場合、最初は二人暮らしだったのが、お子さんが生まれることによって、家族が増えることも予想されますが、家族が増えることによって、当然ながら「今までなら何とか大丈夫」だった収納力が、年々足りなくなってしまい、最悪室内の一角に「収納スペース」を確保しなければならなくなるので、それならば「収納力が充実」している「築浅物件」に入居した方が正解と考える方が多くなると思われます。


空室対策をする際、多くのオーナー様は「室内雰囲気」や「家賃等の条件」が気になってしまい、そちらの方を最優先で対応してしまいがちになりますが、お部屋探しをされている方は「収納力」の部分もしっかりと確認したため、あまりにも収納力が弱い物件となってしまうと、室内が奇麗であっても成約してもらえない可能性が高くなってしまいます。



弊社物件も築年数が古い(1993年築)こともあり、収納力においては、他の築古物件同様「あまり自信を持って紹介することができない」のですが、ただ工夫次第で「収納力を強化」することが可能となります。


弊社所有物件で、昨年の夏に実施したリフォーム部屋(洋室)においては、収納スペースに「大きな棚」が設置されていました。布団などを収納する際には、とても便利なのですが、弊社物件では「和室部屋」があるため、押入収納があることから、洋室収納に「棚」を設置してしまうと、洋服を沢山収納することが難しくなってしまうため、リフォームを機に「棚を撤去」して、ハンガーパイプを設置することによって、大容量の収納スペースを確保することが可能となりました。


新築物件も顔負けするほどの、大容量スペースを確保することができたため、季節ものの洋服を収納する際、とても便利になることから、利便性が高い収納と言えます。



工夫次第では、現在ある収納も「拡張」することができるため、退去リフォームをする際に収納スペースも一緒に対応されることをおススメします。


 

有限会社 山長


取締役 長田 穣(オサダミノル)

アパート経営、空室対策コンサルタント


あなたのアパート経営を支援させていただきます!


▶︎〒400-0053 山梨県甲府市大里町2090

▶︎まずはお気軽にお問い合わせください

055-241-2218

090-8514-3562


 


 


閲覧数:3回0件のコメント